当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

源(げん)がばばさん 焼き餅好きで(手まり歌)伯耆町久古)

昭和59年(1984)3月18日、伯耆町久古で採集)

歌詞

源(げん)がばばさん 焼き餅好きで 宵に九つ 夜食にゃ七つ
今朝の茶の子にゃ 百七つ 百七つ
(歌い手:明治45年生まれ)
音声再生

解説

 風変わりでユーモアを感じさせる内容を持つ手まり歌である。鳥取県西部には、ときおり同類を聞くことがあった。次は大山町の歌である。

源がばばさん焼き餅好きで ゆんべに九つ 夜食に七つ
今朝の茶の子にゃ 百七つ
一つ余って袂(たもと)に入れて 船に乗るとてポテンと落ちて
取るはきょうとし 取らぬも惜しし(歌い手:明治30年生まれ)

 この方では、初めの歌が「百七つ」で終わっている後へ、更に物語がつけ加えられて、新しい展開を見せている。なお「きょうとし」は、「恐ろしい」の方言である。
 同類を調べると、はるか離れた関東地方の千葉県にもあった。出典は三省堂発行の北原白秋編『日本伝承童謡集成』第3巻  遊戯唄(上)で、次のように出ていた。

おらがばばさまは かき餅すきで、 ゆうべ呼ばれて 十ばけ食らて、
一つのこして袂へ入れて、 お馬に乗るとき すとんと落した
どこで落した 松戸の宿で、松戸宿では 誰それ拾った、
松戸宿では 長四郎ひろった、長四郎くれやれ 女房になるぞ、
わしが女房は 三人ござる、
一人姉さん太鼓が上手、一人姉さん伊達者でござる、五両で帯買うて
三両で絎(く)けて、絎目絎目に 七房さげて、今年はじめて花見に出たら、
寺の和尚さんに抱きとめられて、よしやれ放しゃれ、帯きりゃさんな、
帯の切れたは大事もないが、縁のきれたは結ばれぬ。

 これには千葉県という県名が記されているだけで、細かく市町村名については触れられていないが、それにしても後半の展開が愉快である。
 ここでは類歌を紹介する余裕はないが、しかし、島根県の石見地方では、この後半部分が独立した手まり歌が、ちゃんと存在しているのである


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000