当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

お月さんなんぼ(天体の歌)北栄町大島

昭和56年(1981)10月11日、北栄町大島で採集

歌詞

お月さんなんぼ 十三ここのつ そりゃまんだ若い 若はござらぬ いにとでござる
行きはよいよい もどりはこわい歌い手
(伝承者:明治43年生)
音声再生

解説

 この詞章の中で「そりゃまんだ若い」とある点で、伯耆型に属していることは間違いない。しかしながら、どういうわけか、東伯郡の「お月さんなんぼ」は、なぜか輪くぐり遊びのおりにうたわれる場合が多い。ここ北栄町に限らず、三朝町・湯梨浜町(旧羽合町・泊村)などのいずれもが、みな輪くぐりに歌われていた。それぞれの例あげておく。まず三朝町下西谷のもの。

お月さんなんぼ 十三ここのつ そりゃまんだ若いぞ 若はござらぬ さっさとくぐりゃ
行きはよいよい 帰りはこわいぞ (伝承者:明治34年生)

 湯梨浜町宇野のもの。

お月さんなんぼ 十三ここのつ それはまんだ若いぞ 若はござらぬ どんどとくぐれ  (伝承者:明治35年生)

 最後に湯梨浜町原のもの。

お月さんなんぼ 十三ここのつ そりゃまんだ若いぞ 若はござらん どんどとくぐれ (伝承者:明治38年生)

 遊び方を説明すると、二人の子供が向き合い両手を合わせ門を作って立つ。他のみんなはこの歌をうたいながら、その下をくぐり抜けるが、最後の「もどりはこわい」、あるいは「どんどとくぐれ」のところで門は下におろされ、門の両手の中に挟みこまれた子供が、門の一人と交代して次の門になるという遊びである。これはよく知られた、

通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ
ちょっと通してくだしゃんせ ご用のない者通しゃせぬ この子の七つのお祝いに
お札を納めにまいります 行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ

 この歌に添った遊びと同一なのである。
 東伯郡の歌だけが、まるで申し合わせたように、なぜ輪くぐり歌として用いられているのか分からないが、ともかく、多くの例が、そうなっていたことだけは事実であった。
 これは東伯郡という地域が、近隣の地域と比べて歴史的にも文化交流に仕方に、どこか大きな特色があった証拠だとは、想像できるが、まだ不勉強なわたしにとって、具体的にはその理由が解明できていない。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000