当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

和尚さん、和尚さん、どこ行きなんす(外遊び唄歌)八頭町船岡

昭和56年(1981)8月24日、八頭町船岡で採集

歌詞 

和尚さん 和尚さん  どこ行きなんす  わたしは丹波の篠山に
そんならわたしも連れしゃんせ  子どもの道連れ邪魔になる
この和尚さんはどう欲な それなら後からついて来い
転ぶなよ すべんなよ あら和尚さん こけました
おまえの性根はどこにある  腰からスト-ンと抜けました
(伝承者:昭和15年生)
音声再生

解説

 鬼遊びの中の「目隠し鬼」でうたわれる歌の一つがこれである。まず、その遊び方を説明しておく。
 鬼になった子供が一人、しやがんで目隠しをする。そのまわりを他の子供たちが輪になって手をつなぎ、この歌をうたいながら回るのである。歌の終わったところで鬼は目隠しをしたまま、自分の後ろの子供を手で探ってその名を言い当てる。うまく当たれば鬼はその子と交代、当たらなければ再び遊びをくり返す。現代の子供たちにも、この系統の歌はうたわれているようだ。
 なお、この遊びについて、柳田國男はその著『小さき者の声』(角川文庫ほか)の中で、昔の神降ろしの信仰の模倣から出たものであると述べている。
 ところで、この歌を眺めてすぐに思い出されるのが「坊さん坊さんどこ行くの」とうたい出される歌であろう。島根県木次町の場合を挙げておく。

ぼんさん坊さん どこ行くの わたしは田圃へ稲刈りに
ほんならわたしも連れてって おまえが来ると邪魔になる
こんなぼんさん くそぼんさん 後ろの正面 だぁれ(伝承者:昭和15年)

 これには「中の中の小坊さん」「かごめかごめ」などの歌が見られる。後者の「かごめかごめ」の方は、あまり地方的な違いはないので、事例を省略し、「中の中の小坊さん」について紹介しておく。まず鳥取県郡家町の例。

中の中の小坊さんは なんで背が低いやら
えんまかじわら いしゃしゃにこごんで 後ろの正面 だぁれ

(伝承者:大正4年)

 また、島根県大社町では、

中の中の小坊さんは なぜ背がひくいやら
エンマの腰掛けに ヨチヨチしゃがんだ
一皿 三皿 四皿 目の鬼がヤエトを連れて

アテラか コテラか 金仏(伝承者:大正7年生)

  こうなる。この「ヤエトを連れて、アテラか、コテラか」については、意味不明であるが、鳥取県日南町ではこの部分が、「お馬(んま)の蔭でヤイトをすえて、熱や悲しや…」となっていることから、大社のこの部分も、本来は「ヤイトをすえて、熱や悲しや金仏」であったものが、いつの間にか変化したと推定されてくる。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000