当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

狸と狐の化かし合い(米子市大篠津町)

平成8年(1996)3月16日、米子市大篠津町で採集

語り

 とんと昔があったげな。狐と狸が住んでおりました。

 狐と狸が「だまし比べをしよう。」ていうことになりまして、それで、「いついつ、お殿さまが通られるから。」っていうことで、それは狐の方が言い出したようで、で、狐はその日を知ってて言い出したと思うんですけど。
 そいから当日になりました。さあ、狸は、「狐は上手に化けたかなあ。」と気になるし、見に行ったわけなんですよねえ。約束もありますし。
 さあ、本当の殿さまが通りました。行列が通って行きます。狸はすっかり感心してしまって。
 「ほんのやあななあ。ほんのやあななあ。」って、喜んで見てたそうですけど、お殿さまの目にふれて、「無礼者が。」ということで、手打ちにされたっていう話。
 昔こっぽり山の芋。(語り部:大正10年生まれ)
音声再生

解説
  この話は、関敬吾博士の『日本昔話大成』によると、本格昔話の「人と狐」の中の「狐の化け比べ」のい分類される。米子市では藤内狐についての伝説がいろいろと分布しており、中にはこのように戸上山の藤内狐と狸の話に伝説化されているのもあり、おもしろい。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000