当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

丸山まるてん(手遊び歌)鳥取市福部町

昭和55年(1980)8月25日、鳥取市福部町で採集

歌詞  
せっせっせ 丸山まるてんドッテンショと 見ればね 見ればね
門の扉におさよと 書いてね 書いてね
おさよ挿したる 八重歯の 櫛はね 櫛はね
だれにもろたか 源治郎さんに もろたかね もろたかね
源治郎このごろ 歯医者にごめんね ごめんね
そこでおさよが 涙をぽろぽろ ぽろぽろ
(歌い手:明治39年)
音声再生

解説

  遊び方はこの詞章からもお分かりいただけると思うが、二人が向かい合って「せっせっせ」と手を合わせ、次いでうたいながら詞章に合わせて、その動作を行うものである。類歌は、山陰の地でもあちこちで収録できたが、島根県石見地方、江津市桜江町の歌を挙げておきたい。

せっせっせ 丸山土手から 西も東も見ればね 見ればね
盆の月がたおさよさんが 書いている 書いている
おさよさしすせ 笄(こうがい)お櫛(くし)をね お櫛をね 
だれにもろたか 源治郎(げんじろ)さんに もろたかね もろたかね
もろた源治郎さんは はり者(しゃ)で困るね 困るね
出ている涙は 絞り端ゅをもんでいる もんでいる
大阪鉄砲 コウ鉄砲 スッポロポンのポン(歌い手:大正2年生まれ)

  この歌もかなり古いもののようで、江戸時代のわらべ歌を集めた岡本昆石編『あづま流行時代子供うた』(明治27年刊)にも、類歌が次のように紹介されていた。

大丸(だいまる)土手から東を見れば、門の扉におとはと書(かい)て、おとハ差したる水牛(すいぎゆ)の櫛は、誰に貰(もら)たと詮議(せんぎ)をすれば、清五郎男(をとこ)におとはが惚(ほれ)て、惚(ほれ)て間もなく身持(みもち)になつて、やアレお医者さん、ソヲレお医者さん、お手(てゝ)が利(きか)ぬ、ねんねんころり牡丹(ぼたん)の花よ、桜の花よ、先(ま)づ先づ一貫 貸しまアゝした。

  ただし、ここでは手遊び歌ではなく、手まり歌として出ていたのであった。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000