当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

 西伯郡大山町豊成に所在する豊成叶林(とよしげかのうばやし)遺跡は大山北麓の丘陵上に立地する、約3万年前の後期旧石器時代の遺跡です。

 平成23(2011)年、鳥取県で初めて大規模な発掘調査によって詳細が明らかにされた旧石器時代の遺跡で、年代が明かな姶良(あいら)カルデラ(鹿児島湾)大規模噴火に伴い噴出した火山灰層の直下から石器づくりの跡が2ヶ所見つかっています。ここからは、狩猟に使ったナイフ形石器や石器づくりの過程で生じた石くず類が265点も見つかっています。石材の多くは玉髄(ぎょくずい)で、島根県松江市玉湯町の花仙山周辺で採れたものと考えられ、他には隠岐島産の黒曜石でつくられたナイフ形石器もありました。

 埋蔵文化財センターが所蔵するこれらの資料からは、ナイフ形石器の製作手順を具体的にたどることができ、当時の石器づくりの様子を明らかにする上で重要な資料として、旧石器時代の考古資料としては初めて、鳥取県保護文化財に指定されました(平成27年9月11日)。

 埋蔵文化財センターでは、文化財指定を記念して、発掘時の様子の写真パネルなどと一緒にわかりやすく展示するコーナーを新設しました。


出土品の写真

展示室の様子



  
  

センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク