メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

報告書H25年度以降

調査報告書を公開しています。(平成25年度以降刊行分)

遺跡の発掘調査は現場調査が終了した後に出土した遺物の整理や保存処理を行い、発掘調査成果をまとめた調査報告書を作成します。埋蔵文化財センターでは、作成した調査報告書を県内の図書館や全国の調査研究機関に配布し、調査成果を公表しています。
 調査報告書の発行部数は限られるため、より多くの皆様が遺跡の学術的調査成果をご利用いただけるよう、埋蔵文化財センターが調査した遺跡の調査報告書をPDFファイルで公開します。(有償頒布する調査報告書は除きます。ファイルサイズが大変大きくなっておりますのでご注意ください。ブロードバンド環境での閲覧・ダウンロードを推奨します。)
 なお、公開する報告書の著作権等一切の権利は発行者に帰属します。無断で転用・引用することを禁じます。
アクロバットリーダのダウンロード ※PDFをご覧頂くにはアクロバットリーダーが必要です。お持ちでない方はこちらのページからダウンロードしてください。
  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期には湖山池ほとりの天神山に守護所が移り、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡となっている因幡国庁や因幡守護所がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000