残留有害物質モニタリング検査結果

 鳥取県では、厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課より示された「畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査実施要領」をふまえた上で、独自の年間の食品収去検査計画に基づき、牛・豚に残留する動物用医薬品(抗生物質・合成抗菌剤等)について検査を行っています。
 検査結果は下記のとおりです。
  

平成31年度

区分

検査頭数

検査検体数

食用不適検体数

12

12

合計

12

24

※検査は、衛生環境研究所にて実施しています。
※検査部位…筋肉・腎臓
※検査項目…
 抗生物質(テトラサイクリン系、ペニシリン系、マクロライド系(豚のみ)、
     セフェム系(牛のみ))
 合成抗菌剤(チアンフェニコール(豚のみ)、マルボフロキサシン(牛のみ))
 ホルモン剤(デキサメタゾン(牛のみ))
 駆虫剤(イベルメクチン、フルベンダゾール(豚のみ))


平成30年度

区分

検査頭数

検査検体数

食用不適検体数

12

12

合計

12

24

※検査は、衛生環境研究所にて実施しています。
※検査部位…筋肉・腎臓
※検査項目…
 抗生物質(テトラサイクリン系、ペニシリン系、マクロライド系(豚のみ)、
     セフェム系(牛のみ))
 合成抗菌剤(チアンフェニコール(豚のみ)、マルボフロキサシン(牛のみ))
 ホルモン剤(デキサメタゾン(牛のみ))
 駆虫剤(イベルメクチン、フルベンダゾール(豚のみ)) 

平成29年度

区分

検査頭数

検査検体数

食用不適検体数

12

12

合計

12

24

※検査は、衛生環境研究所にて実施しています。
※検査部位…筋肉・腎臓
※検査項目…
 抗生物質(テトラサイクリン系、ペニシリン系、マクロライド系(豚のみ)、
     セフェム系(牛のみ))
 合成抗菌剤(チアンフェニコール(豚のみ)、マルボフロキサシン(牛のみ))
 ホルモン剤(デキサメタゾン(牛のみ))
 駆虫剤(イベルメクチン、フルベンダゾール(豚のみ))

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000