メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

「春の小川」を作曲したのは鳥取県出身の作曲家「岡野貞一」ですが、その作詞をした高野辰之が住んでいたこのあたりを流れていた河骨(こうほね)川が、歌のモデルといわれています。

 黄色のかわいらしい「こうほね」が咲いていたので河骨川と呼ばれていました。現在、 河骨川は暗渠となっていますが、「春の小川」の詩から明治末ごろの 付近の様子を知ることができます。

  

春の小川歌碑、歌碑の説明

春の小川歌碑写真 歌碑の説明写真
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000