メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

 江戸城中之門の石垣は1638年(寛年15年)にその原形が普請(建設)されました。江戸城の中でも最大級の巨石が使用され、目地がほとんどない、整層・布積みの美しい石垣です。

 2005年(平成17年)8月から2007年(平成19年)3月にかけて解体・修復工事が行われましたが、その際に刻銘のある石が発見されました。

 その石には「宝永元年甲申四月日 因幡伯耆両国主 松平右衛門督吉明築之」と刻まれています。これは、1703年(元禄16年)に発生した大地震により倒壊した中之門を翌年の1704年(宝永元年)に鳥取藩3代藩主・池田吉明(後に吉泰)が修復したことを示します。(吉明は吉泰の幼名で、池田家は元々は外様でありながら、松平姓を名乗ることを許されていました)

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000