田んぼダムモデルほ場実証研修

 流域内のあらゆる地域資源を活用し、治水対策を実施することで貯留効果を発揮する「流域治水」の取組みが進みつつある中、「田んぼ」や「ため池」といった農業農村が持つ多面的機能(貯留機能)に期待が高まっています。
 田んぼの貯留機能を活用した「田んぼダム」について、地域全体の取組を一層推進するため、その効果を見える化したモデルほ場で実証研修会を開催しています。

  

【お知らせ】田んぼダムモデルほ場実証研修(令和4年7月29日、8月5日)の延期について

 第2回、第3回田んぼダムモデルほ場実証研修について、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、下記のとおり開催を延期いたします。
 参加を検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 今後の日程や中止等を含む開催予定については、農地・水保全課Facebookでも発信を予定しておりますので、引き続きご確認いただけると幸いです。

 第2回 令和4年7月29日(金) ※延期(9月~10月に開催で調整中)
 第3回 令和4年8月   5日(金) ※延期(9月~10月に開催で調整中)
 第4回 令和4年8月25日(木) ※予定どおり開催予定
 第5回 令和4年10月以降開催で調整中

 

場所:鳥取県農業試験場(鳥取市橋本)

時間:午後1時30分~2時30分

 

 農地・農業用水路等の保全管理や農業農村の整備、各種取組、イベント等について随時情報発信します。ぜひ御覧ください。

農地・水保全課facebook

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000