当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

5段階の「警戒レベル」と河川情報について

平成30年7月豪雨の教訓を今後に活かすため、平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」が改定されました。
これを受け、今出水期から防災情報をわかりやすく提供するという趣旨で、国や県・市町村は、居住者・施設管理者等がとるべき避難行動を5段階に分け、「避難行動を促す情報(警戒レベル情報)」と「避難行動をとる際の判断に参考となる情報(警戒レベル相当情報)」を発出することになりました。
市町村が発出する5段階の「警戒レベル情報」と、県が発出する警戒レベル相当情報(河川情報)との関係は下記のとおりです。

5段階の「警戒レベル」と河川情報について(PDF:384KB)