当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

とんとんたたくは(手まり歌)三朝町木地山

昭和54年(1979)9月23日、三朝町木地山で採集

歌詞

とんとんたたくはだれさんじゃ 新町ゴウ屋の菊さんじゃ
菊さん何しにおいでたか 雪駄が替わって替えに来た
おまえの雪駄は何雪駄 お紺に紫 あいびろうど
そんな雪駄はうちにゃない あるものないとてくれなんだ やれやれ腹立ち業(ごう)あきや
わしが十五になるときに 西と東に蔵建てて 蔵の回りに松植えて
松の小枝に鈴下げて 鈴がシャンシャン鳴るときにゃ
ととさんもかかさんもうれしかろ 悲しかろ スットントン
(歌い手:昭和9年生まれ)
音声再生

解説

  この手まり歌を知ったのが、昭和54年(1979)のことだった。当時、歌い手は40代半ばだった。わたしはまず、このような世代の方からうかがえたことに驚いた。
 わらべ歌を収集していると、世代によって聞かれる歌の範囲が決まっている。この種類の歌は、本来、もっと高い世代の方しか覚えておられないはずであった。それはさておき、島根県の類歌を眺めておく。石見地方、三隅町で見つけたもの。

とんとんたたくはだれさんじゃ 新町ゴウ屋の兼さんじゃ
兼さん何しにおいでたか 雪駄が替わって買いに来た おまえが雪駄はどんな色
お紺に紫  藍色だ やれやれ腹立つ業(ごう)すくや
わたしが十五になる年に 西と東に蔵建てて 蔵の回りに鈴下げて
鈴がジャンジャン鳴るときにゃ じいさんばあさん うれしかろ
とっさんかかさん 悲しかろ  悲しかろ(歌い手:昭和35年生まれ)

 文献では、江戸時代の天保初年ごろ(1830,31)、名古屋地方のわらべ歌を集めた高橋仙果著『熱田手毬歌』の中に次の類歌があった。

とんとんたたくはだれさんじゃ、新町米屋せきだ(雪駄)の和平さん、今頃何しにござらした、和平さん、今頃何しにござらした、がか(代)はつてか(替)へに来たおまえの雪踏は京せきだ、京の室町井筒さん、一人娘のおねね(子子)をつれて、親の金みて十両のしんしょ(身上)、ぬすみぬすみてをばた(小畑)へはしる、を(小)畑こばたのさんと((三度)め(目))茶屋に、ちよいとこしかけ、おまつさんや小まつさんや、とんとんさん。

 ここからも先の歌の古さが、お分かりいただけると思う。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000