当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

サルのドジョウとり(米子市観音寺)

平成8年(1996)11月16日、米子市観音寺で採集

語り

 とんとん昔があったげなわい。
 お猿さんがおって、そのお猿さんがたくさんにドジョウを捕って、他の猿にたいへんに見せびらかして、
「ああ、わしゃがいにドジョウ捕ったぞ。ドジョウ捕ったぞ。」

と見せびらかして、たくさんドジョウを食ったげなわい。ところが、その隣におった猿が、
「わしもとにかく、ドジョウを捕らないけんけん。」

ということで、それで、前の晩に捕った猿のところに、
「おまえはどげして捕ったか。」

ということを聞きに行ったというわい。
 そうしたら、捕った捕ったてってすごくに威張っていたその猿が、
「ドジョウやなんか捕るてて、みやすいことだわ。おまえの尻尾は長い尻尾だだけん、そうだけん、その尻尾を利用してあの川ん中へつけちょきゃ、なんぼでもドジョウがさばあついてくうけん(しがみついてくるから)。だけん(だから)、その尻尾をとにかく川ん中へつけえだ。」

と言って聞かしたというわい。
 それから、それを聞いた猿が一晩、水に尻尾をつけておいたけれども、いくらしてもドジョウが来てくれないものだから、それから、また、明くる日、ドジョウを捕った猿のところへ出かけていった。
「どげして捕ったか。」
「おまえが温い晩に行くけん、そうからドジョウが食わんだ。」
「うん。」
「だけん、とにかくなあ、寒い晩の川の水が凍(こお)って、カチンカチンにしみ上がぁ、そげな晩に行かないけんだわ。」
「うん。そうかあどげすうだあ。」

そうしたら、その猿が、
「凍っても凍っても、尻尾、動かさずにちゃーぁんと岸から尻尾をつけて、凍るやつをちゃーぁんと待っちょうだ。そげすうとなあ、りーんりーんりーんりーん、その尻尾がしみてしまってくうけん、そげすうとドジョウが食らいついちょうけん、もうそげんなったら一生懸命でばぁーっと引っ張ぁだ。」

と、その猿が言って聞かせてもらったというわ。
  それから、その猿がちゃーんとそのことを心がけておいてなあ、その寒い晩のしみるような晩に、川の縁(へり)へ行って、ちゃあーんとその尻尾をつけておったというわい。
 そうしたら、夜中も過ぎたようなころになったらなあ、だんだんだんだんしみてきて、本当に隣の猿が言ったように、尻尾をこうぐっぐぐっぐぐっぐぐっぐと、下の方からどうもドジョウが引っ張ったような格好で、どんどんどんどん尻尾がみんなしまってきたというがな。
 それから、その猿もなあ、
-もう、このへんで上げんとドジョウが逃げてしまうけん-というので、それで凍みたやつを見計らって、
「よーし。」

と言って引っ張ったところが、なんとまあ、川に尻尾がしみついてしまって、なんぼしたって、その尻尾が上がってこなかったというわい。その猿は、
-がいにドジョウがさばっちょう-と思って、草の縁(へり)や木の根っこにつかまって、

「うんうんうんうん。」

言って引っ張るけれども、やっぱりどうも上がってこない。
 それから、とうとうお猿さんはなあ、

大ドジョウ 小ドジョウ 抜いてごしぇー
わしの命もたまらのわぁ エートヤー エートヤー

と言って、引っ張るけれでも、まだ上がらないものだから、それからまた大きな声で、

大ドジョウ 小ドジョウ 抜いてごしぇー
わしの命もたまらのわぁ エートヤー エートヤー


 そう言って、力いっぱい引っ張ったところろが、お猿さんの尻尾が、なんと根元からポツンと切れてしまい、その上、お猿さんの顔は一生懸命に力いっぱい引っ張ったものだから、真っ赤になってしまって、それで今でもお猿さんの顔というものは真っ赤であるし、尻尾というものは短いものになってしまったのだとや。
 それで隣の猿もちゃあんと尻尾が短かったから、それで隣の猿と同じように短かい尻尾になったのだとや。
 それで隣の猿がもともと意地悪で、後の猿が長い尻尾を自慢しているからと思って、そうでいたずらで意地悪をして、後の猿にそのようなことを教えたわけだ。
 だからなあ、そのようなことなどを他のものに、めちゃに嘘をついたりなんかすることはいけないからね。かわいそうなことになるのだからね。その昔こーんぽち山の芋。
(伝承者:昭和3年生まれ)
音声再生

解説

  関敬吾『日本昔話大成』の動物昔話の中の「1 動物葛藤」の「尻尾の釣り」にその戸籍がある。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000