海岸漂着物の対策について

海岸漂着物の対策について

 近年、鳥取県のみならず全国の海岸に、国内や周辺国から漂着物が押し寄せ、生態系を含む地域環境の悪化、景観の悪化、海岸機能の低下、船舶の安全航行や漁業への影響等被害が生じていることが指摘されています。
 こうした中、平成21年7月に海岸漂着物の円滑な処理及び発生の抑制を図るため、海岸漂着物処理推進法(正式名称:美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に関する法律について)が施行されました。
 鳥取県でも同法に基づき、関係市町村と連携しながら、公共海岸等の海岸漂着物の回収・処分や発生抑制の対策を実施しています。

鳥取県海岸漂着物地域計画

 鳥取県の海岸漂着物対策の基本となる計画を作成しています。

  ・鳥取県海岸漂着物地域計画

海岸漂着物の発生抑制

 鳥取県では普及啓発のため海岸漂着物の発生抑制に係る普及啓発物を作成しています。
 海岸に漂着するごみの約8割は私たちの住む陸域から河川を通じて海に流れ込んだものです。海岸のごみを減らすためにできることをみんなで考えましょう。

  テレビスポット(ユーチューブ)

  テレビスポット(ユーチューブ) 

  チラシ

※鳥取県の承諾を得ることなく使用・改変等することは禁止します。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000