当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

自然と環境

県では、星取県の推進に顕著な功績のあった個人または団体を顕彰する「星取県推進功労者知事表彰」を平成30年度から設けています。令和元年度は2団体を表彰し、2月10日に表彰式を行いました。
環境省のデジタル一眼レフカメラ撮影による夜空の明るさ調査の、令和元年度冬の調査が1月15日から1月28日に決まりました。夏期に続き、鳥取県の多くの皆様に撮影・応募いただき、星取県の星空環境の発信につなげることができればと考えています。 一眼レフカメラをお持ちの方はぜひご参加を!
脱炭素社会の実現に向けて、2050年の二酸化炭素排出実質ゼロを目指す旨を表明しました。
中小企業や自治体、教育機関などが2050年までに使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する目標を表明し、行動していくイニシアティブ(枠組み)「再エネ100宣言 RE Action」。この取組を応援するアンバサダーに令和元年12月6日付けで就任しました。
鳥取県星空保全条例に基づき、倉吉市関金町全域を星空保全地域に指定しました。
令和新時代におけるエネルギーやライフスタイルについて、楽しみながら学べるイベントを開催!テレビドラマ主題歌やNHKみんなのうたで注目のシンガー杏沙子さんも登場!!
環境立県推進課では湯梨浜町羽合温泉の貯湯タンク(民間事業者所有)で発生している余剰温泉水の湯量、温度及び温泉成分等のモニタリングを実施しています。このモニタリングデータについて、2019年8月末時点のデータに更新しました。
県内のEV・PHV・FCVユーザー等に、災害による停電時やイベントにおいて給電にご協力いただく制度です。
鳥取県環境影響評価条例等が改正され、太陽光発電所が環境影響評価手続きの対象に追加されました。
2019年11月以降、家庭用太陽光発電の固定価格での買取期間が順次満了します 。