当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

特定危険部位とは


 特定危険部位とは、BSEの原因となる異常プリオンが貯まる部位です。
牛では、全月齢の扁桃及び回腸遠位部、30か月齢超の頭部(舌、頬肉、皮を除く)と脊髄及び脊柱が特定危険部位とされており、と畜検査員によってこれら部位が適切に除去されているか確認されています。


牛特定危険部位

             内閣府食品安全委員会事務局

            「我が国における牛海綿状脳症 (BSE)の現状について 平成20年7月」(抜粋)

 山羊・めん羊については、全月齢の脾臓、回腸、12か月齢超の頭部(舌、頬肉、皮を除く)、脊髄が特定危険部位とされています。

特定危険部位の処理

 特定危険部位は、と畜場施設内の焼却施設でと畜検査員の立会いのもと焼却処理されており、と畜場外に出ることはありません。

保管庫