ナラ枯れ対策

令和3年度秋の観光シーズンを前に、大山環状道路周辺の枯損木の伐採を行います。

詳しくは、下記のリンクをご参照ください。

https://www.rinya.maff.go.jp/kinki/tottori/information/r3_naragare_higaitaisakiu_akikujyo_soukibattou.html

 (令和2年度秋の早期伐倒の様子)   

sa  sagyougo

        【伐採前】               【伐採後】

 ※写真は鳥取森林管理署提供

 

 全国各地で、コナラ、ミズナラなどナラ類の集団枯死被害が発生しており、憂慮される事態となっています。
 被害の拡大を防ぐために、鳥取県においても防除対策を行っています。
 また、ナラ類の集団枯損が発生するメカニズムと防除方法等について紹介します。

大山周辺地域でのカシナガトラップによるナラ枯れ被害対策

大山の貴重なミズナラ・コナラ群生林を守るため、国、県、大山周辺の町など関係機関が連携し、ナラ枯れの原因となるカシノナガキクイムシを「カシナガトラップ」により捕獲することで、頭数密度を下げ、被害の拡大を抑えています。
カシノナガキクイムシが飛び立つ5月下旬~9月の間、大山周辺地域の道路沿いの立木に設置していますのでご承知ください。
防除対策へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
    カシナガトラップの設置       カシナガトラップ

カシナガトラップによる防除対策の詳細はこちら(PDF297KB)
  
  

最後に本ページの担当課    鳥取県農林水産部 森林・林業振興局 森林づくり推進課
    住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話   0857-26-73040857-26-7304    
    ファクシミリ  0857-26-8192
   E-mail  moridukuri@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000