当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

朝鍋ダム

朝鍋ダム

1.洪水調節
 ダム地点における計画洪水量70m3/sのうち、50m3/sをカットして、
20m3/s(最大25m3/s)に調節し、朝鍋川、小松谷川沿川地域の水害を防除します。

2.流水の正常な機能の維持
 ダム地点下流の朝鍋川沿川の既得用水の補給を行うとともに、流水の正常な機能の維持と増進を図ります。

ダムの諸元

ダム

 河川名  日野川水系朝鍋川
 位置  鳥取県西伯郡南部町鶴田地先
 形式  重力式コンクリートダム
 堤高  45.0m
 堤頂長  150.0m
 堤体積  58.300m3
 非越流部標高  EL 118.0m

貯水池

 流域面積  6.2k平方メートル
 湛水面積  0.12k平方メートル
 総貯水量  1,380,000m3
 有効貯水容量  1,190,000m3
 治水容量  640,000m3
 不特定容量  550,000m3
 堆砂量  190,000m3
 サーチャージ水位  EL 114.00m
 常時満水位  EL 107.50m
 計画堆砂面  EL  97.00m
  

問い合わせ先

西部総合事務所 米子県土整備局 河川砂防課
 朝鍋ダム管理事務所
  TEL:0859-64-2926
  FAX:0859-64-2927
※平常時は、朝鍋ダムは無人ダムとなっています。
 問い合わせは、下記の賀祥ダム管理事務所へお願いします。
 賀祥ダム管理事務所
  TEL:0859-66-2121
  FAX:0859-66-2122