当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

 石綿を原因とする中皮腫、肺がんについては、石綿にばく露してから30~40年という非常に長い期間を経て発病することや、石綿が長期間にわたって我が国の経済活動全般に幅広くかつ大量に使用されてきたこと等から、個々の健康被害の原因者を特定することが極めて困難であり、一端発症した場合には、多くの方が1、2年で亡くなられるのが実態です。このように、石綿による健康被害者は、重篤な疾患を発症するかもしれないことを知らないままに石綿にばく露し、自らに非がないにもかかわらず、何ら補償を受けられないまま亡くなられるという状況にあり、迅速な救済を図るべき特殊性があります。
 本制度は、石綿を吸入することにより中皮腫や肺がんになられた方及びこの法律の施行前にこれらの疾病に起因して死亡された方のご遺族に対して「医療費等の救済給付」を支給するものです。

関係機関リンク

鳥取県福祉保健部 健康医療局 健康政策課
 → http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=93706
環境保全機構のホームページ
 → http://www.erca.go.jp/asbestos/relief/seido/

お問い合わせ先

西部総合事務所福祉保健局 
 健康支援課 健康長寿支援担当

電話:0859-31-9318