当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

出前講座(防災教育)

背景

近年、台風や局地的集中豪雨等により全国各地で水害や土砂災害が発生し、多くの被害が発生していることを踏まえ、八頭県土整備事務所では、平成30年4月にプロジェクトチーム「やず・防災つたえ隊」を結成し、防災教育・啓発活動に関する出前講座のメニューの充実を図り、そのPRや計画的な実施に取り組んでいます。

防災教育・啓発活動の充実イメージ

防災教育・啓発活動の充実を目指し 、次の3つのメニューを中心に展開していくこととしています。(イメージ図234KB))(出前講座の募集へのリンク

(1)学校向け防災教育の充実>>>取り組み状況

(2)地元向け出前講座の積極的な展開 >>>取り組み状況

(3)災害時要配慮者及びその関係者向け出前講座の実施 >>>取り組み状況
  

地域と連携した簡易量水標設置の取組み

 平成30年4月に結成した「やず・防災つたえ隊」は、小中学校への出前講座を中心に活動をはじめ、モデル的な取組みとして、災害時要配慮者である在住外国人や要配慮者利用施設の管理者向けの防災出前講座を実施しています。そのような状況の中、同年7月の西日本豪雨による八頭管内の大きな被害や豪雨時の避難率の実態を踏まえ、地域や地元集落向けの出前講座を通じて、地域防災力向上の重要性を強く感じています。

 そこで、これをきっかけに「簡易な量水標の設置」を題材とした、地域と一緒になった防災に関する取組み(「住民×学生×行政」の協働による簡易量水標設置の取組み)を始めています。

>>>地域全体を巻き込んだ連携による相乗効果イメージ(効果イメージ図 269KB

>>>取り組み状況

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000