当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

家庭でできる食中毒予防

6つのポイントを押さえましょう。

 食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。
 予防のポイントを押さえて、食中毒から家庭を守りましょう。

ポイント1 食べ物を買うとき

  • 生鮮食品は新鮮で適切に管理されているものを、食品は期限表示などを確認してから購入しましょう。
  • 冷蔵・冷凍などの温度管理が必要な食品の購入は、買い物の最後にし、または保冷パックなどを利用し、購入したらできるだけ早く持ち帰るようにしましょう。

ポイント2 食べ物を保存するとき

  • 冷蔵や冷凍が必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫にいれましょう。
  • 冷蔵庫、冷凍庫は詰めすぎないように注意しましょう。
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持しましょう。

ポイント3 調理場の管理

  • ごみの管理をきちんと行い、タオルやふきんは清潔なものを準備しましょう。
  • いつも台所は片づけて、常に広く使えるようにしておきましょう。
  • 調理器具はよく洗って、乾燥させてから保管しておきましょう。
  • 包丁やまな板などは、洗った後熱湯をかけるなどして消毒しましょう。

ポイント4 調理するとき

  • 調理するときは、手をせっけんでよく洗いましょう。
  • 手指に傷がある場合は、必ず手袋などを使いましょう。
  • 加熱調理するときは、食品の中心温度が75℃で1分間以上(ノロウイルスの場合、85℃1分間以上)に加熱しましょう。
  • 調理済み食品を再加熱するときは、温めるではなく、十分に熱を通しましょう。
  • 調理前、調理後の食品は室温に長く置かないようにしましょう。
  • 食べる量を考えて調理しましょう。

ポイント5 食事をするとき

  • 食卓につく前に手をせっけんでよく洗いましょう。
  • 清潔な手で、清潔な器具を使って清潔な容器に盛り付けましょう。

ポイント6 残った食品の取扱い

  • 残った食品は清潔な器具、容器を使って保存しましょう。
  • 残った食品は、温度管理を正しく行い、できるだけ早く食べるようにしましょう。
  • 期限表示を確認するなど、古くなったら思い切って捨てましょう