当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

わかとり夢の特別大会ネット配信 youtubeチャンネル New!

運動部活動の制限緩和方針と大会への参加及び大会実施におけるガイドラインについて

体育保健課では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により制限された運動部活動を段階的に活動を再開するために運動部活動の制限緩和方針と大会への参加及び大会実施におけるガイドラインを策定しています。

<運動部活動における制限緩和に係る方針>

 ・令和2年5月22日版:制限緩和方針(PDF:155KB)

 ・令和2年5月26日版:制限緩和方針(PDF:164KB)

 ・令和2年6月5日版:制限緩和方針(PDF:180KB)新旧対照表(PDF:112KB)

 ・令和2年6月18日版:制限緩和方針(PDF:226KB)新旧対照表(PDF:197KB)

<大会への参加及び大会実施におけるガイドライン>

 ・令和2年5月22日版:ガイドライン(PDF:247KB)

 ・令和2年5月26日版:ガイドライン(PDF:264KB)

 ・令和2年6月5日版:ガイドライン(PDF:274KB)新旧対照表(PDF:151KB)

 ・令和2年6月18日版:ガイドライン(PDF:285KB)新旧対照表(PDF:191KB)


「鳥取県運動部活動の在り方に関する方針」を策定しました

  • 運動部活動は、生徒にとってスポーツや文化に親しむとともに、学習意欲の向上や責任感、達成感の涵養等に資する重要な活動として教育的側面での意義が高いとされています。
    一方で、少子化や勝利至上主義による過度な活動等の様々な問題が生じています。
  • 鳥取県及び鳥取県教育委員会では、生徒にとって望ましいスポーツ環境を構築するという観点に立ち、運動部活動が地域、学校、競技種目等に応じた多様な形で最適に実施されることを目指し、スポーツ庁が平成30年3月に作成した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に基づき、「鳥取県運動部活動の在り方に関する方針(以下、「方針」という。)」を策定しました。

 

1 方針の主な内容

  • 部活動の適切な運営のため、各学校において「学校の運動部活動に係る活動方針」や「年間活動計画」を作成し、学校ホームページへの掲載等により公表すること。
  • 校長は年度当初に、学校全体または部活動ごとに、部活動の運営方針等を保護者に説明すること。
  • 中学校段階では、学期中は週当たり2日以上の休養日を、1日の活動時間は長くとも平日2時間、学校の休業日3時間程度とすること。
  • 高等学校段階では、原則として、学期中は週末のいずれかを含む週1日以上の休養日を、1日の活動時間は長くとも平日3時間、学校の休業日4時間程度とすること。

 

2 方針

  1. 鳥取県運動部活動の在り方に関する方針(380KB)
  2. 同方針資料(450KB) 

 

<参考>

スポーツ庁「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」

子どものスポーツ活動ガイドラインの策定

県教育委員会では、子どものスポーツ活動の適正化を目的とした「子どものスポーツ活動ガイドライン」を策定しました。

冊子(PDF2.4MB)

リーフレット (PDF2.1MB)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000