不具合があった場合、お手数ですがsyokunomiyako@pref.tottori.lg.jpまでお知らせください。
検索

鳥取のうまいもん紹介

鳥取まいもん宣隊FaceBookページ

食のみやこ公式Twitter

食のみやこ公式Instagram

  
いちごトップ画像
  

鳥取県で栽培されている品種

鳥取県で栽培されているいちごは、主に

・章姫(あきひめ)

・紅ほっぺ(べにほっぺ)

・とっておき

です。

 このうち「とっておき」は、鳥取県で品種改良されたオリジナルブランドで平成 30 年 10 月 10 日に品種登録され、鳥取県だけで栽培されています。


県内のいちごの生産状況について

 R3年産の県内の栽培面積は878a(86戸)で、うち「とっておき」は292a(44戸)で栽培されています。

 初期投資が高額ないちごは規模拡大が難しく、H27年まで面積減少が続いていましたが、近年は「とっておき」の普及に伴い、企業参入等により栽培面積が拡大しています。

 中でも「とっておき」の栽培面積に占める割合は33%まで拡大しており、既存品種からの転換が進んでいます。


表 本県のいちご栽培および品種「とっておき」栽培の動向

項目 H25 H27 H29 R1 R2  R3  R5(目標)
栽培面積(a) 797 710 721 788 816 878 800
  うち、とっておき   - - 55 188 218 292 250

生産者数(戸)

- 74 91 81 84 86

-

   うち、とっておき - - 30 34 40 44 -

注1)鳥取県調べ(R1までは2年に1回調査)、「とっておき」はH28から栽培開始

  

とっておきとは

  

「とっておき」開発ヒストリー

 鳥取県は冬場にくもりが多く日照が少ないため、これまでの主力品種「章姫(あきひめ)」など、作られる品種には限りがありました。
 そこで鳥取県園芸試験場では1996年より鳥取の気象条件に合う、味のよい新品種を作ろうと開発を始めました。
 約20年間、毎年1000株以上を育成・選抜した結果、2018年に鳥取県オリジナル品種「とっておき」が誕生しました。

鳥取県園芸試験場野菜研究室資料

いちご栽培風景

とっておきの味の特徴

・甘味がすっきりしていて上品

・ほどよい酸味で濃厚な味わい

・果肉が硬めで緻密、食べごたえがあります
・華やかな香りがおいしさを後押しします

いちご箱入れ

おいしいいちごの選び方

・果肉がふっくらとして、表面に光沢とハリがあるものが良いです。

・ヘタが新鮮でピンとしているものが良いです。

いちご複数

保存の仕方

・いちごは日持ちのしないデリケートな果物なのでできるだけ早めにお召し上がりください。

・保存は容器に重ならないように一列に並べ、ふたをして冷蔵庫へ。野菜室より冷蔵室やチルド室がおススメです。

出荷時期

12月から翌年5月頃

購入先

県JA直売所、鳥取いちごブランド化協議会員の生産者、県内スーパー果実売り場 等

問い合わせ先

鳥取いちごブランド化推進協議会

事務局:県生産振興課:0857-26-7272

  

鳥取いちごブランド化協議会について

 鳥取県産いちごの生産拡大と生産者の所得向上を目的に、令和2年7月に設立。JA全農とっとり及び県JA直売所推進協議会、各JAと生産者、県で構成されています。
 生産技術対策として栽培技術研修会、大型低コストハウスのモデルほ場の巡回、種苗の安定供給体制の整備を、販売対策として共通PR資材の活用によるブランド化等を行っています。

「鳥取いちご」は「とっておき」やその他品種も含む、鳥取県産いちごの全てを指します。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000