メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

企業等の県産材利用を支援する事業による「てんまやモクモクガーデン」の整備

 

(「てんまやモクモクガーデン」のイメージ)

 鳥取県では、県産材を利用した空間を体験することで、県民の県産材利用の意欲を高めるとともに、企業等の新たな木質内装化への取組を推進するため、企業等が行う県産材を効果的かつ先駆的に使用した木質空間の整備と木質空間を活用した県産材製品の普及活動を支援する「鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業」を実施しています。

 令和元年度に実施する事業計画を募集したところ、3件の応募があり、以下のとおり評価委員会で審査した結果、株式会社米子しんまち天満屋の事業計画が採択され、県産材を使用した「てんまやモクモクガーデン」の整備及び県産材のPRが行われることとなりました。

  

令和元年度鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業評価委員会の概要

1 日時

  令和元年8月7日(水)午後1時30分から4時30分

2 場所

  第36会議室(鳥取県庁第二庁舎)

3 事業計画の応募件数 3件

4 審査の結果

  事業実施主体による熱心なプレゼンテーション後、審査を行い、(株)米子しんまち天満屋の事業計画が採択された

項目 内容
事業実施主体 株式会社米子しんまち天満屋

対象施設の名称

米子しんまち天満屋内木育広場「てんまやモクモクガーデン」
コンセプト・事業内容

〈コンセプト〉

〈事業内容〉

・県産材による木質内装化と木の玉のプールなどの木製遊具・家具等を整備。

・木育広場の完成時に新聞折込等により広く告知するとともに、木育広場のリーフレットを作成、配布して県産材をPRする。

   

     (評価委員会の様子)       (てんまやモクモクガーデンのイメージ)

鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業の概要

事業実施主体 民間企業等(市町村を除く)
補助対象経費 事業実施主体が運営する県内に存在する施設の不特定多数の者が利用することが可能なスペースにおける次の経費
(1)県産材製品を使用した木質空間整備に要する経費
(2)県産材普及活動に要する経費
補助率 補助対象経費の2分の1
上限額 ・木質空間整備  1施設あたり150万円
・県産材普及活動        25万円
その他の要件

・木質空間整備は原則県産材を使用すること。

・木質空間整備及び県産材普及活動はセットで実施すること。
・木質空間整備及び県産材普及活動は交付決定を行った年度の翌年度の2月末日までに完了すること。ただし、木質空間整備は、県産材普及活動を行うのに十分な期間を確保して完了すること。
・整備した木質空間に県産材を使用した旨を掲示すること。
・県が行う情報発信(ホームページやパンフレットへの掲載等)に協力すること。

※詳細は、鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業費補助金交付要綱PDF形式:180KB ] をご覧ください。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県農林水産部 森林・林業振興局 県産材・林産振興課
    住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話   0857-26-73020857-26-7302    
    ファクシミリ  0857-26-8192
   E-mail  kensanzai-rinsan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000