メンテナンスのため、9月23日(木・祝) AM3時55分~8時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

2020東京オリンピック・パラリンピックへ鳥取県産木材を提供!

2020東京オリンピック・パラリンピック「選手村ビレッジプラザ」内覧会で初公開

 鳥取県では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の関連施設である「選手村ビレッジプラザ」に県産材を提供しています。

 令和2年1月29日に木材を提供した自治体を対象とした内覧会に開催され、内部が初公開されました。

1 「選手村ビレッジプラザ」の概要

  • 建築地及び構造・規模 東京都中央区晴海地内、木造平屋建 5棟、延床面積 約5,300m2
  • コンセプト 日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~
  • 全国の木材を活用することで、オールジャパンでの大会参画を実現し、大会後はレガシー(遺産)として、各地で木材が再利用されます。

  木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~ホームページへのリンク

2 提供木材の概要

  • 提供自治体  鳥取県を含む全国63の自治体(23都県、40市町村)から約1,300m3の木材を提供しています。中国地方では鳥取県、智頭町、島根県、岡山県が提供しています。

 

  • 提供木材 鳥取県からは、スギ製材品等約8m3を提供しました。銀行や郵便局、観光情報窓口などが入る棟の柱や梁、床材などに使用されています。
供給者 供給部材
株式会社オロチ(日南町) 構造用スギ単板積層材(LVL)
鳥取県中部森林組合(倉吉市) 構造用スギ製材品
日南町森林組合(日南町) 構造用スギ製材品
株式会社日新(境港市) スギ構造用合板

※智頭町からも智頭スギの製材品約6m3が提供され、同様に使用されています。