当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

民俗芸能

タイトル  撮影期日  撮影場所  内容 

円通寺の人形芝居

(大黒舞)

1996年

3月

鳥取市

円通寺

念力節という独特の節回しで人形芝居が舞われる民俗芸能。県指定無形民俗文化財。

大黒舞踊り

1996年

1月1日

鳥取市

佐治町

津無

大黒頭巾をかぶった踊り子に、小槌を持った音頭取りで大黒舞を唄い踊る、祝福芸。

荒神神楽

「杵築能」

1992年

1月4日

江府町

貝田

備中神楽の流れをひく、荒神に奉納する神楽。「杵築能」は、「国譲り」とも呼ばれ、大国主命を主人公としたもの。

越路雨乞踊

1993年

10月31日

鳥取市

越路

雨乞いの願開きに奉納される風流踊り。県指定無形民俗文化財。

香宝寺の雅楽

1997年

12月15日

湯梨浜町

下浅津

香宝寺(浄土真宗)で、親鸞上人の命日に行われる「御正忌報恩講」。この行事では、裃で正装した檀家によって雅楽が演奏される。

鳥取市賀露神社の祭礼

1994年

4月29日

鳥取市

賀露

鳥取市の北部、港町の賀露神社の春祭り。大名行列・神輿の渡御の他、県指定無形民俗文化財の麒麟獅子舞が奉納される。

湊神社祭礼

1991年

10月10日

湯梨浜町

橋津

羽合町の港町、橋津に伝わる秋祭りでは、神輿の渡御に伴って大名行列が町中を練る。

大栄町由良のだんじり

1991年

10月24日

北栄町

(旧大栄町)

由良

大栄町由良宿の秋祭りでは、だんじりを練り、その上で男子の舞が奉納される。

倉吉市志津の大名行列

1991年

10月20日

倉吉市

志津

倉吉市志津の倭文神社の秋祭りでは、神輿の渡御に伴って大名行列が町中を練る。

円通寺人形芝居

(平井権八)

1999年

4月25日

鳥取市

円通寺

鳥取県指定無形民俗文化財の人形芝居。歌舞伎で有名な鳥取藩士、平井権八の物語。

下蚊屋の荒神神楽

1999年

7月17日

鳥取市

尚徳町
(県民文化会館)

備中神楽の流れをひく、荒神に奉納する神楽。「八重垣」、「国譲り」などの演目が夜を徹して舞われる。県指定無形民俗文化財。

智頭町西谷の相生文楽

1992年

1月26日

智頭町

新田

幕末から明治の初めにかけて農村の娯楽として流行った人形芝居。

因幡地方の麒麟獅子舞

1992年

~2000年

各地

県指定無形民俗文化財(平成10年指定)。因幡地方を中心に伝承されている獅子舞で、霊獣の麒麟に似た獅子頭を用いたゆったりとした舞が特徴。

船岡町水口の人形芝居

1992年

2月12日

八頭町

(旧船岡町)

水口

明治時代に村の青年たちが、鳥取市から習って始めた人形芝居。演目の中から「傾城阿波の鳴門、巡礼歌の段」を紹介。

西伯町の法勝寺歌舞伎

1991年

11月16日

南部町

法勝寺

明治時代に流行した浄瑠璃を背景に、結成された地方歌舞伎。「弁天小僧」を紹介。

西伯町の金山芝居

1991年

11月16日

南部町

法勝寺

明治時代に起こった浪曲応用の地方芝居。「博多しぐれ涙の親子鳥」を紹介。

日南町のかしら打ち

1991年

11月10日

日南町

多里

日南町に存在する、着飾った若者が太鼓を打つ芸能。叩き方と囃子に特徴がある。

住吉神社の船曳き

1991年

11月3日

大山町

(旧名和町)

御来屋

御来屋に伝わる、船神輿の巡行。ザイ(御幣と短冊をつけた柱)が振られ、船曳歌(口説)が語られる。

花田植

1998年

5月24日

 米子市

花田植とは、サゲ(音頭取り)と早乙女が歌を囃しながら田植をする習俗である。田植唄保存会が再現した芸能。 


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000