当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

間取りと室内資料の展示

からうす

鳥取市猪子

玄米を精米する道具。からうす
一度に5升(7.5Kg)程度をついた。白く精米するのに、半日以上かかった。











  

たばこ盆・煙管

鳥取市国府町高岡

たばこ盆・煙管紙巻きタバコ以前の喫煙具。

火入れ
火種の炭火を入れる

灰筒
吸い殻を落とす








  

箱膳

岩美町荒金

箱膳引き出しがつき、椀や皿、はしなどを収める。

一つが一つの膳を持っていた。

  

歳徳さん

鳥取市河原町高福

歳徳さん

正月の歳神飾り。

歳桶と呼ばれる桶の中には、米・田作り・干し柿などが入る。

  

ずし(厨子)

鳥取市東町

ずし(厨子)ケヤキ製の神棚。

鳥取県東部では「シンジンさん」ともいう。

  

大黒柱

鳥取市

大黒柱

家の中心をなす柱。

ケヤキの他、山村ではクリの木を用いた。

  

はがま(羽釜) 

鳥取市

はがま(羽釜)かまどの据わりをよくするため、縁(羽)がついた釜。

  

いとがい

鳥取市国府町雨滝

いとがい牛に薬を飲ませるための道具。

  

若水桶

智頭町三明

若水桶 智頭町三明正月の三日間、年男(一家の主人)がこの桶で水を汲む。

  

土間

土間鳥取県内では、庭と呼ぶ地方が多い。
庭は稲をはじめとする脱穀調整の作業場であり、また流しやかまどを設ける炊事場でもあったため、広いスペースを必要とし、建物の半分をもしめた。

  

薬研

薬研薬草などを細かく刻む道具。

  

いろり

いろり農村ではいろりの明かりを中心とした生活が長く続いた。食事や一家団欒の場であり、わら仕事などの作業場でもあった。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp