当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ                              (topページへ戻る) 利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

自然分野

鳥取県の大地の成り立ちから、鳥取砂丘や大山の生物、そしてオオサンショウウオをはじめとする貴重な生きものまで、多様な自然の姿を紹介します。 
配置図

「自然の窓」コーナー

次回の展示テーマ

『井堂氏寄贈チョウ類コレクション』

 2017年に埼玉県の井堂雅澄(いどうますみ)さんから、おもに1963年に鳥取県などで採集されたチョウ類の標本608点が寄贈されました。この中には、今では絶滅の危機にある種の標本も含まれていて、大変貴重なコレクションとなっています。今回の展示では、この井堂さんのコレクションを通して、鳥取県のチョウが昔と今でどのように変化してきたのかを、クイズなども交えてご紹介します。

展示期間

平成31年1月22日(火)~4月3日(水)
 

展示内容

・井堂雅澄チョウ類コレクション
(標本箱1、標本数約240点)
・井堂氏が採集した鳥取のチョウ
(標本箱2、標本数約27点)
・井堂氏が採集した絶滅危惧のチョウ
 (1)ウスイロヒョウモンモドキ
 (標本箱3、標本数4点)
・井堂氏が採集した絶滅危惧のチョウ
 (2)ヒメヒカゲ(標本箱4、標本数4点)
・井堂氏が採集した絶滅危惧のチョウ
 (3)ヒメシジミ(標本箱5、標本数4点)
 

「身近な植物」コーナー

展示テーマ

「春の七草」

春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずなすずしろ)の展示を始めました。野に生える早春の七草の姿をレプリカで、花が咲いたときのようすを実物標本で紹介しています。31年3月10日(日)まで。常設展の入館料が必要です。
 

 

展示期間

12月26日(水)~平成31年3月10日(日)

(会期中の休館日)
平成30年12月29日~31年1月3日、7日、21日、2月4日、12日、18日、25日、3月4日

 展示内容

(1)春の七草 レプリカ
(2)春の七草 花期の実物標本や写真

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp