鳥取港振興会からのお知らせ

鳥取港振興会へようこそ

 鳥取港振興会(会長:深澤鳥取市長)は、昭和59年4月に鳥取市・鳥取県・鳥取商工会議所・港湾関係業界等によって設立されました。
 船舶・貨物の誘致を図るためのポートセールス、みなとの賑わいづくりなどの事業を行い、鳥取港の利活用による圏域の活性化を目指す取り組みを行っています。

鳥取港振興会【事務局】
〒680-8570 鳥取市東町1-220
(本庁舎5階 鳥取県県土整備部空港港湾課内)
電話:0857-22-18360857-22-1836
ファクシミリ:0857-22-1848
E-mail:tottoriport@tea.ocn.ne.jp

クルーズ客船の誘致

 鳥取港は、小型クルーズ客船のみが入港可能な、日本の原風景を持つ因幡・但馬地方の海の玄関口です。
 鳥取港の近くには、日本最大級を誇る「鳥取砂丘」、世界で唯一の砂像ミュージアム「砂の美術館」、ユネスコ世界ジオパークに認定されている「浦富海岸」、鳥取県中部の白壁土蔵が美しい小京都「倉吉」、日本遺産に認定された日本一危ない国宝「三徳山投入堂」と世界屈指のラドン含有の「三朝温泉」、鳥取藩最大の宿場町として栄えた「智頭宿」、荒湯が有名な「湯村温泉」、円山応挙ゆかりの「大乗寺」などがあります。

1 寄港地情報

鳥取港概要/日本語版(pdf:824KB)

鳥取港概要/英語版(pdf:1977KB)

2 鳥取港プロモーション映像

・寄港時のおもてなし等(日本語英語)※1分42秒

3 寄港実績等

鳥取港クルーズ客船寄港実績

外国貿易の促進

    パームヤシ殻(PKS)

 鳥取港では、対岸諸国との地理的近接性(=優位性)、並びに高速道路網の整備進展によりアクセス向上が図られる関西・山陽方面との物流ルートを最大限活用するため、荷役経費等の一部を支援し、外国貿易の促進に取り組んでいます。
 平成30年度も、原木の輸出や化学薬品・パームヤシ殻(PKS)を輸入するため、外国貿易船が入港する予定です。

超高速船レインボージェットのチャーター運航

超高速船レインボージェット


 平成27年から年1回、毎年4月に、鳥取港のある「山陰海岸ジオパーク」と西郷港のある「隠岐ジオパーク」とを海上ルートで結ぶため、隠岐汽船株式会社が運航する超高速船「レインボージェット」をチャーター運航しています。
平成30年度チャーター運航概要(pdf:291KB)

鳥取港振興会ニュース

鳥取港の動向を情報発信するため、年2回、鳥取港振興会ニュースを発行しています。
・平成30年3月号(PDF:1,424KB)

(内容)
  • 平成29年鳥取港取扱貨物量
  • 平成30年鳥取県予算(鳥取港関係)
  • 「ぱしふぃっくびいなす」寄港
  • クルーズ講演会開催
  • 外国クルーズ船社鳥取港視察
  • 港湾協力団体指定「賀露みなとオアシス」
  • クローラークレーン導入
  • 他港視察(今治港、松山港)
  • かにっこ空港ロードが開通
過去の振興会ニュース

鳥取港利用支援

1 クルーズ客船寄港支援

タグボート回航経費の補助 

2 外国貿易支援

荷役経費の補助等

鳥取港の概要

 「賀露の港」として古くから知られ、江戸時代鳥取藩32万石の港として繁栄してきた鳥取港は、昭和50年には重要港湾に指定され、千代川の河口付替工事と合わせ大型岸壁の整備が図られました。
・1万トン岸壁(-10m)1バース
・5千トン岸壁(-7.5m)3バース