当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

イベント開催地別

県東部(鳥取市、岩美郡、八頭郡)

さ行の美術家・下巻 (県立博物館で1月26日まで)
一般社団法人鳥取県経営者協会、日本労働組合総連合会鳥取県連合会及び県が行った「長時間労働是正に向けた共同宣言」(平成31年3月11日)を受け、「働きやすい鳥取県」に向けて、多様な人材(女性・障がい者・外国人等)が活躍できる環境づくりの必要性を認識し、実現のための公労使の役割を確認することで、「働きやすい職場づくり」「生産性向上」を通じた県内企業の「働き方改革」の取組を加速化するため、共同宣言を行った3者及び鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会は、令和元年12月16日(月)午後、鳥取市内で「『働きやすい鳥取県』を推進するシンポジウム」を開催します。
11月25日(月)~1月31日(金)に対象店舗にてラリー対象メニューを注文してスタンプをゲットすると、1万円相当の鳥取和牛が当たる抽選に応募できます!スタンプ1つから応募できるので国道29号で肉メニューを食べ歩いてみませんか!?
鳥取県の東部エリア(1市4町)を巡るスタンプラリーを10月5日(土)より実施します。鳥取県東部エリアは秋・冬の見どころがいっぱい!観光や味覚など特色豊かな東部エリアを周遊して、各市町の自慢の特産品をゲットしよう!
全線開通してより便利になった鳥取西道路。6月30日(日)に『道の駅西いなば気楽里(きらり)』がいよいよオープンします。 施設内には地元の農作物直売所やレストラン、地域の温泉を活用した足湯もあります! オープニングイベントでは、麒麟獅子の舞や亀井太鼓の披露をはじめ、しし汁の振舞や砂フィギュア色付け体験、バルーンアートなど楽しいイベントが盛りだくさんです! ゆるきゃらも集合! ※11時のオープニングイベントよりご来場ください!!
県東部の5つの源泉(吉岡・鳥取・浜村・鹿野・岩井温泉)からなる「鳥取いなば温泉郷」では、令和元年12月31日(火)までスタンプラリーを実施中です。期間中、加盟する宿泊施設(22館)のいずれかに宿泊してスタンプをもらい、その台紙にスタンプ設置施設(12か所)のいずれか1つのスタンプを押して応募すると、合計100名様に因幡の豪華特産品が当たります!ぜひこの機会に、全線開通したばかりの鳥取西道路を通って、因幡の温泉や観光地を巡ってみてください!
鳥取西道路の開通を記念して、春夏に実施した「とっとり西いなば周遊スタンプラリー」が、好評につき、9月7日(土)より、実施エリアを鳥取市全域に拡大して、秋期のスタンプラリーを開始します。応募された方の中から抽選で合計200名様に西いなばの特産品をプレゼント!各地を巡りながら、文化、味覚、紅葉など鳥取市の”豊かな秋の魅力”を発見してみてください。多くのご参加、ご応募をお待ちしています。
鳥取市青谷町の特産品を集めた青谷ようこそ市場!毎回テーマと会場を変えて青谷の様々な見どころをお届けします。青谷の魅力が詰まったあおいちに是非お越しください。
世界が認めた漫画の巨匠・谷口ジロー氏は、80年代前半に「劇画家」として多くの読者を獲得しました。 生涯で最も多作だったこの時代の作品のうち、漫画原作者・狩撫麻礼(かりぶまれい)氏とコラボレーションした4作品の原画展を、谷口ジロー氏のふるさと鳥取市の「ギャラリー鳥たちのいえ」で開催します。(観覧無料) なお、10月12日(土)16時~17時30分に開催を予定しておりました「ギャラリートーク」は、強い台風19号の影響により開催を10月20日(日)に延期することとなりました。
本展では、塩谷の生誕120 周年を記念して、1920 年代初期から70 年代までの塩谷作品の全貌を紹介するとともに、同時代の芸術写真を代表する写真家たちについても紹介します。
とっとりフェアのメインガーデン等を監修したガーデンデザイナーの「ポール・スミザー」氏によるガーデンガイドォーク、親子で楽しく参加できる緑に関連したワークショップ、超小型EV「ジオコムス」試乗コーナーやフードコートなどイベント盛りだくさん。
鳥取県内のケーキ屋さん、お菓子屋さん、パン屋さんがヤサホーパークに大集合!いろんな人気店のスウィーツを一度に楽しめます!
JR鳥取駅にサンドとアローラサンドがやってきます。
山陰道・鳥取西道路が5月12日に全線開通しました! これを記念して、地元の特産品が当たる「とっとり・西いなば周遊スタンプラリー」や「とっとり・西いなば宿泊キャンペーン」を実施中です。ご旅行やお出かけに是非ご参加ください。
山陰の秘密の食材「板ワカメ」の美味しさと網代の魅力を伝えるイベント「ワカメフェス」 コンセプトは、海の恵みを 「楽しむ」「食べる」「体験する」 「板ワカメ」を始めとした海の魅力を伝えることと、網代の活性化を目的とした「ワカメフェス」は、いろんな角度からワカメを楽しめるイベントになっています。
どうだんつつじの可憐な花が咲き誇る5月中旬の、毎年開催されるにぎやかなお祭り。 どうだんつつじの展示即売会や、どうだん娘をモデルにした撮影会があります。 たくさんの飲食店のテントが出店されます。
鳥取県内一の高さを誇るロックフィルダム・殿ダムで楽しい1日を過ごしませんか。
若葉が茂る山々と渓流のせせらぎが聞こえる自然いっぱいの姫路公園内で、ヤマメ釣り大会やヤマメのつかみ取りを楽しんでいただけます。さまざまな感覚を通して自然を直接体験する「自然体験プログラム」のネイチャーゲームも開催。地元料理や特産品等バザーもあります。
奈義町側と智頭町側から登り、山頂で出会う心が通うイベントです。天気がよければ頂上から瀬戸内海・鳥取砂丘まで望める絶景ビュー!!!!!商品券があたるじゃんけん大会や、クイズ大会、特別消印が押される山頂ポスト、山頂での記念撮影など今年も頂上でのイベントが盛りだくさんです。
みんなの大好きなトミカ・プラレールで楽しんじゃおう!(隼Lab.(八頭町見槻中154-2))
2019年4月27日(土)~4月29日(月・祝) 2019年5月3日(金)~5月6日(月・祝)
山陰海岸ジオパークのユネスコ世界ジオパークに再認定を記念して、山陰海岸ジオパークの鳥取市西地域を中心に、県内のジオサイトを写真や歴史資料等で紹介、その魅力や今昔を紹介します。
恒例の「たけのこ掘り体験」や「竹トンボ飛ばし大会」のほか、地元団体による出店、屋外ステージ上での演芸披露など、もりだくさんの内容です。今年は「オールドカー&バイクの集いin因幡」の皆様にご協力いただき、往年の名車とバイクの展示も行います。
毎年春の大型連休には、大人も楽しめる子どものための上演として、楽しい子ども向けのお芝居を上演しています。今年はさらにパワーアップ。「ミニ鳥の演劇祭」として、小さい上演とワークショップで、鹿野の春の一日をのんびり楽しんでもらいます。ショップやカフェは今回も充実。鳥取駅から劇場、浜村駅から劇場の無料バスも運行します。
とっとりフェアのメインガーデン等を監修したガーデンデザイナーの「ポール・スミザー」氏によるガーデンガイドォーク、親子で楽しく参加できる緑に関連したワークショップ、超小型EV「ジオコムス」試乗コーナーやフードコートなどイベント盛りだくさん。
若桜駅構内及び若桜駅前広場を会場に、ピンクSLお披露目、キャラクターショー、各ステージショー等が行われる他、夜には打ち上げ花火を実施します
空港テナントショップ連携フェア、ガラポン抽選会のほか、砂ねんど色付け体験やバルーンアートプレゼントなど家族で楽しめるイベント盛りだくさん!
2019年 第12期展示のテーマは南アジア編。砂の造形美が生む圧倒的な存在感と感動をお楽しみください!
鳥取市因幡万葉歴史館 開館25周年を記念して、特別展を開催します。絵本「ふしぎなえ」や「旅の絵本」などで世界的に著名な画家 安野光雅さんが描く明日香、奈良の原画を展示します。
【おでかけ予定】2019年2月2日(土) 若桜町ふれあい広場(第24回西日本雪合戦大会)
R29新因幡ライン協議会から、国道29号鳥取市~宍粟市間の魅力的なスポットを紹介したマップが発行されました。 地元の人には「当り前」、でも地域外の人にはあまり知られていないスポットがたくさん紹介されています。 新因幡ライン協議会の幹事自らがセレクトし、利用者の声やオススメの楽しみ方なども入れて「地元視点」で紹介されています。  手のひらサイズに折られポケットにも入るコンパクトサイズですので、是非お手に取って国道29号沿線のおすすめスポットを巡ってみてください。
【おでかけ予定】2019年1月13日(日) 鳥取砂丘こどもの国 こども広場
2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の出演者をお招きしたトークツアーを、3月9日に鳥取環境大学で開催します。
山陰海岸(Geo)ジオパークを(Gururi)ぐるりめぐるGoodなバスツアーGバスツアー。今回は鳥取駅を出発し、鹿野城下町やあおや和紙工房など鳥取市西部をめぐるいいとこドリ日帰りバスツアーになっています。
古代のインフラに使われた土木技術をテーマにしたフォーラムで、142名のご参加をいただきました。ありがとうございました。
 平成30年4月1日から鳥取県元気づくり総本部東部振興監東部振興課は、鳥取県庁本庁舎6階より、鳥取県東部庁舎1階へ移転することになりました。 これにより、当課の各業務の窓口が変更になりますので、手続きの際はご留意ください。
広⼤な⿃取砂丘に、たくさんのポケモンたちが! 鳥取砂丘で「Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」を開催します。 期間中、鳥取砂丘では「バリヤード」や「アンノーン」などがゲーム上に出現します(特別なレイドイベントはありません)。 日本最大級の砂丘である鳥取砂丘の雄大な自然の中で『ポケモン GO』をお楽しみください。
山陰インバウンド機構では昨年末に機構ホームページ(英語版)を開設しました。開設に併せて日本・世界を舞台にWebビジネスの第一線で活躍されている2名の講師を招き、Webを活用した消費拡大策の検討、地域の活性化策について学ぶため研修会を実施します。ぜひご参加下さい!
山陰インバウンド機構「縁の道~山陰~」(Route Romanteque San’in)の効果的なプロモーションの計画策定事業業務委託について、提案を募集します
4月30日(土)から5月1日(日)までコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(鳥取市布勢)にて、リオパラリンピック日本代表選考会となる「第27回日本パラ陸上競技選手権大会」が開催されます。
地方創生の推進に向けて、鳥取県と公益財団法人とっとり県民活動活性化センターは、民間団体等による地方創生に資する取組を支援し、官民一体となった取組を推進することを目的とした「とっとり創生支援センター」を、県東部・中部・西部の3箇所に共同設置します。
アーティストが社会とどのような関係性にあるのかについて考えます。
個人等から寄贈された資料を初公開すると共に、その資料の持つ意味・意義を収蔵する公文書等で跡付けます。
鳥取家具工業(株)も多く製造していた「曲木(まげき)家具」。ヨーロッパで発達したその技術やデザインがどのように日本にもたらされ、展開していったのかについて、『日本の曲木家具 その誕生から発展の系譜』の著者である石村眞一氏からお話をうかがいます。
鳥取県の戦後(1945年~1975年頃まで)においてどのようなデザインの動向があったのかを、各種産業工芸分野を中心に当時の動きを知る方々をお呼びして幅広く語り合います。 
企画展に展示されている作品や制作の意図などについてご本人に語っていただきます。【講師:森田しのぶ氏】 
青谷上寺地遺跡の最新調査成果についての講座です。
語り部による鳥取県に伝わる民話(伝説)を聞き、登場する民俗習慣を学芸員が解説することによって、民話(伝説)について理解を深めます。 
鳥取市内で活動する35のボランティア・市民活動団体が一堂に会し、ボランティア・市民活動の普及啓発等を行います 飲食ブースあり、体験ブースあり、展示ブースありと様々な形で皆さまをお迎えいたしますので、ぜひ来て・見て・体験してください
「あいサポート・アートとっとりフェスタ」(第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会)のクライマックスイベント1日目です。 <内容> ○川嶋あいミニコンサート ○もう中学生「ひとつになろう」プロジェクト ○日野高校×県立米子養護学校「荒神神楽」 ○特別支援学校合同合唱 ○糸賀一雄顕彰イベント ○パフォーマンスステージ ○その他、グルメカフェ、体験コーナー、バリアフリー映画 など 
古代豪族・伊福部氏の系図『因幡国伊福部臣古志』、十一世紀末に因幡守となった平時範の日記『時範記』の記載や、平安時代の貴族の日記などにあらわれる因幡の相撲人の活動を通じて、古代の地方豪族が中世の武士へ成長していく過程を紹介します。 (講師)森公章 氏(東洋大学教授) 
鳥取県では、平成25年5月26日に開催された第64回全国植樹祭などを契機に「とっとりグリーンウェイブ」を展開しているところであり、私たちの生活に 恩恵をもたらす森林について、将来にわたって恩恵を享受し、「環境の森づくり」の輪を広げるため、森林環境保全税を原資として、NPO法人賀露おやじの会による企画運営により、「緑のダム」、「森の健康診断」に関する森林環境フォーラムを県と協働で開催します。 
企画展に展示されている作品や制作の意図などについてご本人に語っていただきます。【講師:松本文仁氏】 
二人が出会わなければあのイームズ・チェアは生まれなかった。世界中で親しまれているイームズ・チェアの生みの親として知られるチャールズ、レイ・イームズ夫妻の軌跡を追ったドキュメンタリー。、20世紀に興隆したミッドセンチュリー・モダンをけん引した彼らを追う。(DVD/84分) 
「あいサポート・アートとっとりフェスタ」(第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会)のクライマックスイベント2日目です。 <内容> ○じゆう劇場による演劇 ○日韓手話演劇 ○ジェネシスオブエンターテイメント ○花*花コンサート ○パフォーマンスステージ ○その他、グルメカフェ、体験コーナー、バリアフリー映画 など 
「あいサポート・アートとっとりフェスタ」(第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会)のクライマックスイベント最終日です。 <内容> ○ペペメッセージコンサート ○が~まるちょばステージ ○基調講演 ○ハンドサインステージ ○デフ・パペットシアターひとみ人形劇 ○金澤翔子書道パフォーマンス ○グランドフィナーレ ○その他、グルメカフェ、体験コーナー、バリアフリー映画 など 
北京オリンピックのメイン会場であるスタジアムの「鳥の巣」を設計した反骨の中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイの生きざまに迫るドキュメンタリー。現代美術家、建築家、文化評論家など多くの肩書を持ち、活躍する彼は2011年に中国当局に拘束され、保釈後も軟禁状態が続きます。国の将来を憂い、表現の自由を求めて闘う彼の姿が胸を打ちます。(DVD/98分) 
犯罪被害者等の実情を理解することにより、犯罪被害者等が再び平穏な生活を営むことができるよう社会全体が支援し、安全で安心して暮らせる社会の実現を目指すとともに、被害者遺族の講演を聴くことなどを通じて、命の大切さを学ぶことを目的として開催します。 
企画展会場で作品を見ながら、松本氏、森田氏のお二人に制作意図やその方法などについて語っていただきます。【講師:松本文仁氏・森田しのぶ氏】 
条例制定1周年を記念し、手話について考えます。聞こえる人がろう者の想い、コミュニケーションの大切さを理解するとともに、今後の鳥取県が取り組むべき手話施策について考え、さらなる手話の普及につなげます。 
高校生を対象とした手話パフォーマンスの全国コンテストです。 
海岸近くに築造され、海との関連性が高いと考えられる「海の古墳」について、墳形、埋葬施設、副葬品などから被葬者像や築造の背景を探ります。
障がいのある人とアーチストが、お互いの感性や創造性を大切にしながら共同作品を制作し、そのプロセスと成果を発表・展示します。
いなばのジビエ推進協議会では、ジビエにまつわる様々な特典が受けられる「いなばのジビエファンクラブ」の会員を募集しています。

県中部(倉吉市、東伯郡)

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル日本大会(フラダンス全国大会)が令和元年8月に鳥取県中部において開催されます。この大会は、中部地震からの福高をアピールし、また全国のフラダンスの愛好家が鳥取県中部に多く集うことを目指して、1市4町とKNT-CTホールディングス株式会社が連携して開催されるものです。本大会の上位チームは、ハワイ島で開催される世界大会への出場権が与えられます。
鳥取中央育英高校の高校生がガイドとなって、まち歩きツアーを行います。北栄町の歴史、食べ物、芝生の広場。このツアーで北栄町の魅力を探し、楽しい一日をすごしましょう!
5月6日(土)・7日(日)の2日間、梨の摘果(てきか)・小袋かけ作業など楽しみながら、梨つくりが体験できます。ほかにも催し物がいっぱい!
GW期間中、鳥取中部の観光案内所にお越しいただいた方限定で、アンケートにお答え頂いた方の中から抽選で60名様に鳥取県中部の特産品をプレゼント致します
名探偵コナン巨大迷路がコースを変更して、リニューアルオープン!!今年は、迷路内に設置された今問題を解くと、抽選で豪華賞品が当たる謎解きチャレンジもできます♪また、スマートフォンアプリをダウンロードして撮影できるARコードも迷路内に設置していますよ。
福島県出身の風景写真家五島健司氏(日本写真家協会会員)の写真展を開催します。 塩谷定好の作品に感動し、琴浦町の風景をはじめ全国各地を撮影している写真家の作品を展示します。
ボルダリングは、設置された課題をいくつ登り切れるかを競うスポーツクライミングの種目です。ユース日本代表を決める重要な大会に全国から若手選手が集いしのぎを削ります。
通常は団体予約受付のみの旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングツアー。個人でもご参加いただけるオープンデーを月1回定期開催します。
4月27日(土)『豚汁』、28日(日)には『さわらのつみれ汁』の無料振る舞いが行われるほか、物産館ことうら各店舗では、実演販売やセール価格商品の販売、お買い上げ金額に応じたプレゼントなども予定されています また、道の駅内にある琴浦町観光協会の窓口では『琴浦町マンホール缶バッジ』&『あご入り鰹ふりだし』を先着200名様に無料配布します
みんなで一緒に楽しくアートを体験して連休の思い出を作ってみませんか?このイベントでは、子どもから大人まで誰でも気軽にアートを体験することができます。「うまい」「へた」は関係ありません。自由な発想で、あなただけの表現を楽しんでみましょう。
円形劇場くらよしフィギュアミュージアムの開館1周年を記念して、世界的にも注目されている情景師アラーキー/荒木さとし氏の作品を集めた展覧会を開催。 レトロな風景や映画のワンシーンなど、超絶的な技巧を駆使した細密なジオラマ作品に要注目!
打吹公園に大小約500本のぼんぼりが点灯され、夜桜が楽しめます。羽衣池に映る幻想的な桜もおすすめ。
新しい年号になっての初めての花湯祭り 特別に奉祝 提灯行列を実施します。
人気のスペシャルバルーンショーや、5月3日~5月6日には中国京劇公演も リアル謎解きゲーム・クイズラリー・アニマルスタンプラリーなどもご用意、ご家族でお楽しみいただけます
三朝温泉本通りに色鮮やかな和紙が灯ります。三朝温泉へ、夜の癒し散歩しませんか?和紙灯りフォトコンテスト作品募集中(~10月31日)
三朝温泉和紙灯りコンサート、奉祝三朝温泉餅つき大会、 Instagram三朝温泉和紙灯り投稿でプレゼント、アンケート回答でプレゼント
魅力ある演目と華やかな演出の元、倉吉未来中心で開催いたします。
NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を手がけたダウン症の書家、金澤翔子氏の作品を一堂に展示。50点以上の勢いある作品の数々をご覧ください!
【おでかけ予定】2019年1月3日(木) 中国庭園燕趙園、1月4日(金) 鳥取二十世紀梨記念館
鳥取県と友好交流先4地域(韓国江原道、中国吉林省、ロシア沿海地方、モンゴル中央県)の各首長らが一堂に会し今後の交流や協力のあり方について話し合う北東アジア地域国際交流・協力地方政府サミットを開催します。
とっとりの元気づくり全体会議(第2回)の分科会テーマが決定しました
地方創生の推進に向けて、鳥取県と公益財団法人とっとり県民活動活性化センターは、民間団体等による地方創生に資する取組を支援し、官民一体となった取組を推進することを目的とした「とっとり創生支援センター」を、県東部・中部・西部の3箇所に共同設置します。
とっとり県民活動活性化センターでは、コミュニケーションスキルの中で、特に“うちとける”ということに的を絞った研修を開催します。
県内で保護された犬猫の新しい飼い主を探す催しを行います。 (内容)保護動物とのふれあい、里親説明、施設説明、ペット無料相談 
県内で保護された犬猫の新しい飼い主を探す催しを行います。 (内容)保護動物とのふれあい、里親説明、施設説明、ペット無料相談 
県内で保護された犬猫の新しい飼い主を探す催しを行います。保護動物とのふれあい、里親説明、施設説明、ペット無料相談
入選以上の作品を展示します。
ステージ発表、ゲームコーナー、フリーマーケット、出店等を通して、地域の方と入所児童との交流を図ります。
演題…「何が進み、何が残ったか~同和対策審議会答申50年の成果と課題」講師…馬場周一郎(ばばしゅういちろう)さん(西日本新聞企画委員、福岡県同和人権問題講師団講師)
本県では、住み慣れた地域において高齢者、障がい者、児童のみならず地域住民の誰もが集い、多様なサービスや活動で支え合う「共生ホーム」の整備を推進しています。このたび、「共生ホーム」の実践事例を学んだり、活用の可能性を考える機会をもっていただくため、「鳥取ふれあい共生ホーム実践塾」を開催することになりました。 
三徳山国立公園編入を記念したイベント実施します。温泉ライダーin三朝と同時開催です。 
バイシクルタウン構想実現化に向け、自転車好きを増やすことを目的として、子どもから大人まで楽しめる体感型の自転車イベント「温泉ライダー」を三朝町で開催します。 
森林・林業・木材産業に係る試験研究の成果発表、特別講演及び意見交換会 
ワーキングフェスタINくらよし(平成26年度中部地区就労促進セミナー)が、9月16日、鳥取県立倉吉養護学校で開催されます。 

県西部(米子市、境港市、西伯郡、日野郡)

令和2年1月19日(日)有限会社クレイドが企画するセミナーが開催されます。ご参加をお待ちしています。
令和元年12月14日(土)身近な暮らしの中から考えてみよう「男女共同参画」(男女共同参画推進人材育成協働事業)を開催します。ご参加をお待ちしています。
西部地域中心とした食の商談会~「伯耆の食」マッチング商談会への出展者を募集します!
今年も大山の観光施設を周遊する大山るーぷバスが運行します! 運行は、ゴールデンウィーク、夏休み、紅葉シーズンは毎日、そして7月から11月24日までの土日祝日はすべて運行します。 今年からご家族でも気軽にご利用いただけるよう、子ども料金が登場しました!益々お得で便利な大山るーぷバス、ぜひご利用ください!
鳥取県日南町福万来地区で見られる日本最大規模のヒメボタル観賞地が今年もオープン
イングリッシュローズ・つるバラなど約190品種1,000株が咲き誇るばらまつり。今年は20周年を祝って、木立バラやつるバラを使用した写真スポットが登場(ヨーロピアンガーデン) 新企画として300品種を超えるバラの苗木が大集合する『恋するローズマーケット』(園芸ショップ)も必見!
米子市の市街地エリアを中心に、昔ながらの雰囲気のある裏通りやレトロでノスタルジックな米子の街を、ゲーム感覚で巡るウォーキングイベント、「よなご歩き愛(あるきめ)です裏街フォトウォーキング」を開催します。
米子城は、室町時代、応仁の乱の頃の応仁から文明年間(1467から1487)に山名宗之により砦(とりで)として築かれたことに始まると伝えられます。今回の企画展では、米子城にまつわる人々に関する資料を展示し、城の歴史をたどります。
JR米子駅前にサンドとアローラサンドがやってきます。
登山口から頂上まではおよそ1時間半。初心者でも挑戦しやすく、四号目付近の展望台から見える絶景が、疲れを癒します。 頂上からは大山や、岡山県新庄村側の風景も見ることができます。GWの時期にはカタクリの花が満開になります。
「平成」「令和」記念写真スポットを設置。「平成」「令和」の額縁を使って、あなたも官房長官に!
平成31年4月27日(土曜日)は米川会場で、4月28日(日曜日)は五千石会場で開催されます。恒例のつつじ苗木無料配布のほか、イベントも盛りだくさん!
今年も優雅にこいのぼりが泳ぎます。
黄金に輝く米子城跡ライトアップ。観光ガイドによる米子城跡ライトアップツアーもあります。(要予約:参加者1人1000円)
夢みなと公園施設をまわって5ヵ所あるクイズとスタンプラリーに挑戦してね。応募用紙にクイズの答え、スタンプ、希望のコース、必要事項を記入し、SANKO夢みなとタワー玄関にある応募箱にいれてね。正解者の中から抽選でステキな景品があたるよ♪
毎年恒例のゴールデンウイーク期間イベント「GWは、むきばんだ日和」今年もたくさんの楽しい企画をご用意。10連休の後半はむきばんだへぜひお越しください!
雄大な奥大山の田んぼで農業体験しませんか?
初登山に挑戦しませんか。カタクリの花も撮影できます! 擬宝珠山を登りカタクリを見に行くツアーです。
本年も大山町の住雲寺(ふじ寺)にて藤まつりが開催されます。花の見頃には、日没〜22時ごろまでライトアップも行われます!
重要文化財門脇家住宅の春季一般公開が5月1日(水)〜5日(日)まで開催されます。
絵本ゆーらりまんぼ作家によるわらべうた読み聞かせライブ、キーホルダーづくり、まんぼーアイシングクッキーづくり(予約制)マンボウパン&wサメパン販売
ドクターマンボウ澤井悦郎講演、マンボウ肉入りたこ焼試食(100名)、マンボウマルシェ(クレープ・たこ焼など)、マンボウグッズ・マンボウ販売
ヤリマンボウとクサビフグはく製展示・よくわかるマンボウパネル展・江戸の翻車魚絵図などマンボウがよくわかるマンボウ祭
テレビ番組『開運!なんでも鑑定団』でおなじみの鑑定士で、世界的なおもちゃのコレクターとして知られる北原照久さんのコレクション約1,000点を一堂に展示。また、米子市在住の人形作家・安部朱美さんの「昭和の子ども」をテーマにした創作人形33作品も展示します。現在、各プレイガイドにて前売券販売中です
初登場!夢のメリーゴーラウンドをはじめ、デジタル恐竜ランド、大型エア遊具など楽しいアトラクションがいっぱい。GWは花回廊で見て・遊んで・参加しよう!
日野川くだりとは、日野川の上流をラフト(ゴムボート)で豪快に下るイベントです。普段は見ることができない水上からの景色をぜひ楽しんでください。なお保険を掛ける都合上、事前申込(開催週の水曜日まで)が必要です。また、定員がありますので申込はお早めに。
無数のミツバツツジと、遅咲きの八重桜との競演が楽しめ、花々を眺めながらお弁当をひろげたり、遊歩道も整備されていますので、公園内を散策するなど、ゆっくりとお過ごしください。 公園内には、小泉八雲が著作「骨董」の中で「幽霊滝」の名で紹介した龍王滝もあります。荘厳な姿をどうぞご覧ください。
2019年4月18日、とっとり花回廊は開園20周年を迎えます。20年かけて大きく育った植物たちの様に成長してきた花回廊。 新たに花開くこの一年をお見逃しなく! ✿チューリップは過去最大規模・230品種・22万球です✿
一生懸命広報しているのに集客に結びつかないのはなぜ?そんなお悩みを持つ方へ、SNSを起点に新しいフィールドのお客様へ自分の事業の魅力を伝える、足を運んでもらうためのPR方法についてお話しして頂きます。 また、今年起業10年を迎え、ますます活躍されている講師の起業ストーリーもお聞きします。
これから事業を始めたい女性の方から既に起業された女性の方まで、事業計画書って何?という基本から、陥りがちな失敗事例までを学ぶセミナーを開催します。自分自身の事業プランを見つめなおしてみましょう。
夢みなとタワー(境港市)に移動プラネタリウムが登場!360度映像で星空の魅力を体験できるほか、宇宙服(JAXA)の試着など楽しい催し盛りだくさんです。
とっとり県民活動活性化センターでは、寄付つき商品「お買い物チャリティー」の第1号覚書調印式を行いました。
10月22日、23日は鳥取県西部の食のイベントが大集合します!!
地方創生の推進に向けて、鳥取県と公益財団法人とっとり県民活動活性化センターは、民間団体等による地方創生に資する取組を支援し、官民一体となった取組を推進することを目的とした「とっとり創生支援センター」を、県東部・中部・西部の3箇所に共同設置します。
毎年12月4日から10日までの期間が「人権週間」と定められ、人権意識向上のためのさまざまな取組が全国的に行われています。 この週間に合わせて「人権週間フォーラム」を開催します。(入場無料) 【内容】人権作文コンテスト表彰式、はあとふるムービー上映、人権コンサート、人権啓発パネル展など(予定)  
「みなとウォーク」は、毎月1回日曜日に5、6km程度のコースを歩きます。 まだ参加したことの無い方・日頃の運動不足が気になる方・境港市に住んでるけど市内のことあんまり知らないというかた、この機会に一緒に歩いてみませんか?
本大会は、中国・四国ブロック各地の貴重な民俗芸能を公開して、その価値を広く知ってもらうことで、民俗芸能の保存や振興、文化の交流、地域の文化振興等に役立てようと、各県が持ち回りで開催しているものです。 今年は9年ぶりに鳥取県で開催いたします。中国・四国各地を代表する素晴らしい民俗芸能が集まる本大会に、ぜひお越しください。
鳥取県の地域情報化推進に向けて、市町村、企業、学生、県民のみなさんが互いに学びあうセミナーを開催します。 
日野川流域において洪水等の水災が発生するという想定で、鳥取県及び県西部9市町村及び関係機関、地域住民が連携し、情報伝達訓練、水防工法訓練等を実施します。 
鳥取力創造運動の一環として、鳥取力創造に取り組んだ活動団体等の 表彰、トークセッション、分科会等を盛り込んだ「鳥取力創造まつり」を開催します。 
北方領土について正しい知識と理解を深めます。(入場無料) ■主な内容(予定) ・内閣府所管大臣等からのメッセージ披露 ・元島民の方による講話 ・講演 ・中学生による北方領土に関するスピーチ  
小中学校・特別支援学校(中学部まで)の児童・生徒を対象に美術作品(絵画・デザイン、書写、写真)を募集し、審査のうえ入賞・入選となった作品を展示する。入賞者については表彰式も行います。
県民の皆様に、人権・同和問題に対する理解と認識を深めていただくために開催する講演会です。(入場無料・事前申込不要)
講師は、錦田剛志氏(島根県神社庁参事万九千神社神社宮司)で、古来より人々の心のよりどころとなった「祭儀」について、考古学の視点から読み解いていきます。
未来へ伝えたい、鳥取とロシアの深い愛の物語について描かれた作品を上映し、多くの県民の方に御覧いただくとともに、この作品の制作にあたった方との対談をとおして、ロシアをはじめとする環日本海地域と鳥取県との交流などについて考えていきます。
遺跡から出土している管玉やガラス玉といった装飾品をつくってみませんか。 ・定員 15名 ・参加費 無料(別途材料費必要) ・申込期間 11月4日(月)~11月22日(金)
精神障がいのある方との交流を通じて、精神障がいと精神保健福祉に対する正しい知識の普及を図るためにイベントを開催します。当日は精神障がい者や一般の方による舞台発表と、病院や作業所等の自主製品販売や展示をします。 
予約なしで気軽に楽しく古代体験が無料で楽しめます。事前申込み不要。定員なし。(一部、要材料費)
・期間…平成25年4月27日(土)から平成25年11月24日(日)までの土日祝日。夏休み期間は毎日実施。(7月20日(土)から8月25日(日)まで)
<講師>株式会社桜や建築設計工房 来田 信浩 氏(鳥取市) <内容> リフォームの進め方やトラブル防止のポイント、減税制度などリフォームの際に役立つ内容を分かりやすく説明・紹介します。
弥生の鍛冶工房の一部体験することを通して、弥生人の創意工夫や生活技術の一端に触れてもらう
ステージ発表、ゲームコーナー、フリーマーケット、出店等を通して、地域の方と入所している児童との交流を図ります。 
初級コースでは、むきばんだ遺跡内で秋の実りを収穫していただくことで、里山の自然に親しんでいただき、道具の森のテーマ林に見られる樹木を使った木器作り体験を行う。上級コースでは、弥生時代のケヤキ材を利用して匙の製作を行いながら弥生時代の技術、創意工夫の解明を試みる。
著名な方によるエコツーリズムについての講演、トークセッション、県内の自然体験ツアー、国内外のエコツーリズム紹介コーナー等
県民から応募いただいた洋画・日本画・版画・彫刻・工芸・書道・写真・デザインの各作品のうち、入賞・入選作品を展示します。(会期中無休)
全国からご当地バーガーが集合し、日本一のご当地バーガーを決定。
霊峰大山の恩恵に育まれた「よどえ」の郷(米子市淀江町)の文化遺産の魅力を多くの方と共有し、未来へと歌えていくためのシンポジウムです 
NPOガリレオ工房理事の土井美香子氏を講師に招き、理科の楽しさを子どもたちに伝える「理科読」をテーマに講座を行います。 
睡眠の重要性やうつ病の早期発見、自殺予防について理解を深め、より良い睡眠が得られる方法を毎日の生活に取り入れて、健康管理に活かすために講演会(睡眠に関する講演・寝具環境やヨガに関するワークショップ等)を開催します。 
妻木晩田遺跡恒例の秋のビッグイベント。「弥生のむらの秋まつり」をテーマにさまざまな古代体験、ステージイベント、地元物産市などを実施します。 ・申込 不要・無料(一部体験のみ実費) 
県西部の資料を題材に当館職員、外部講師が講演を行います。
放射線の基礎知識や放射線からの防護対策について県民の方に知識と理解を深めていただく講演会です。 
部落差別をはじめあらゆる差別をなくし、人権尊重社会の実現に向けて全県民を対象に開催するもの。 主催 鳥取県人権教育推進協議会、第38回人権尊重社会を実現する鳥取県研究    集会実行委員会 後援 鳥取県ほか79団体(参考:H24年度の団体数) 
弥生の森周辺で昆虫採りをして、標本をつくります。 【定員】70名 【参加料】150円 【申込期間】7月1日(月)~7月19日(金) 
8月1日から8月4日のサンセットビューウィーク期間に「むきばんだ日和サマーナイト」と題して日替わりでイベントを行います。
古代遺跡の見学や勾玉づくり、カヌー体験で夏休みの一日を楽しんでいただきます。 募集人数:70名程度(応募多数の場合抽選)) 場所:弥生の館むきばんだ体験学習室、古代の丘公園、上淀廃寺資料館(仮)等 参加費:1,000円(昼食代・バス代の一部) 募集締切:6月24日(月)~7月12日(金)
全国のナシ生産者、関係者が一堂に会し、栽培技術や経営改善、販売戦略等について情報交換し、産地間の交流を深めます。 
里山の自然に親しみ、弥生時代の自然の再現を試みます。 【対象】成人【定員】20名程度【参加料】無料【申込期間】5月6日(月)~24日(金) 
予約なしで気軽に楽しく古代体験が無料で楽しめます。事前申込み不要。定員なし。(一部、要材料費)
・期間…平成25年4月27日(土)から平成25年11月24日(日)までの土日祝日。夏休み期間は毎日実施。(7月20日(土)から8月25日(日)まで)
・内容…火おこし、勾玉・石包丁づくり、土笛づくり、銅鏡づくり(一部、要材料費)、貫頭衣試着   
江府町文化協会が「ひなまつりコレクション」と題して、江府町防災センターにおいて4月4日から開催しています。今年は江尾のまちの民家に飾る「まちかざり」が初めて行われ、なかには、50年ぶりにお目見えしたお雛さまもあり、それぞれの家で大事に大事に受け継がれてきた思いが伝わってきて、ほっこりとした気持ちになります。ぜひ御覧ください。

県内広域

山陰インバウンド機構では昨年末に機構ホームページ(英語版)を開設しました。開設に併せて日本・世界を舞台にWebビジネスの第一線で活躍されている2名の講師を招き、Webを活用した消費拡大策の検討、地域の活性化策について学ぶため研修会を実施します。ぜひご参加下さい!
山陰インバウンド機構「縁の道~山陰~」(Route Romanteque San’in)の効果的なプロモーションの計画策定事業業務委託について、提案を募集します
平成27年度BSSラジオ「食のみやこ鳥取探検隊が行く」出演者を募集しています。
このコーナーでは、本県産農林水産物やそれらを原料にした加工食品の生産者等の方々に、ラジオ番組内でのパーソナリティとの対話による商品のおいしさやこだわりを広く発信していただきます。PRを希望される方は、是非ご応募ください。
水と緑あふれる鳥取の風土の特徴や山陰海岸ジオパークの風景、鳥取の自然素材を活かし、鳥取らしいフェアの展開を図るとともに、先進的な技術や取り組みの紹介を通じて、自然を大切にしながら楽しむ「鳥取の心」を全国に発信します。
県民から応募いただいた洋画・日本画・版画・彫刻・工芸・書道・写真・デザインの各作品のうち、入賞・入選作品を展示します。(会期中無休) 【その他の本展示・巡回会場】 ○県立博物館 ○日南町美術館 ○倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館