当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県ドクターヘリ

鳥取県ドクターヘリの概要

 関西広域連合を事業主体とする鳥取県ドクターヘリについては、平成30年3月26日に運航を開始しました。
 この導入により、鳥取県内においては、2重(公立豊岡病院ドクターヘリ・島根県ドクターヘリ)の高度救急医療体制が3重に拡充されます。また、関西広域連合全体においては、6機体制が7機体制となることで、平時及び災害時の広域救急医療体制が重層化され、「安全・安心の医療圏“関西”」の実現に資することとなります。

(1)名称(愛称) 鳥取県ドクターヘリ(KANSAI・おしどり)
(2)基地病院 鳥取大学医学部附属病院(鳥取県米子市)
(3)運航開始日 平成30年3月26日
(4)出動待機時間 原則8時30分~17時15分(終了時刻は季節により変動。夜間運航は行わない。)
(5)運航範囲 原則として、鳥取県全域、兵庫県北西部並びに島根県東部・隠岐地域、岡山県北部及び広島県北東部にあっては、基地病院より概ね半径70km圏内にかかる消防本部の管轄区域とする。
   運航範囲イメージ図 (PDF 355KB)
(6)事業主体 関西広域連合
(7)受託運航会社 学校法人ヒラタ学園
(8)運航機種 H135又はEC135(機体検査に伴う更新の都度変更)/エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社
   ※画像はEC135
   鳥取県ドクターヘリ   
(9)駐機場所 
 ○運航時間内 鳥取大学医学部附属病院内屋上ヘリポート
 ○運航時間外・悪天候時 ドクターヘリ格納庫(美保飛行場(米子空港)隣接地)
             所在地:鳥取県境港市佐斐神町1500番4(米子空港駐車場P2奥地)
(10)その他
 ○鳥取県ドクターヘリ運航開始後も、公立豊岡病院ドクターヘリ及び島根県ドクターヘリの鳥取県内への運航は継続しています。
 ○県政広報番組 マルっと!とっとり(山陰放送)
  2018年04月14日放送 「鳥取県ドクターヘリ運航開始!」


※一般の方が直接ドクターヘリを要請することはできません。救急事案は119番してください。

鳥取県ドクターヘリ運航要領

1 鳥取県ドクターヘリ運航要領 (本編)

平成31年1月25日付け 運航要領(本編)第2.0版改正通知 [PDF 275KB]
運航要領(本編)第2.0版修正(ホットライン番号無し) [PDF 629KB]
 ・施行日 運航要領(本編)の改正(第2.0版)は、平成31年2月1日から施行する。ただし、同要領中、「6 運航時間」及び「鳥取県ドクターヘリ運航時間表(別紙5)」の4月から3月までの各時間の改正は、平成31年4月1日から施行する。


2 鳥取県ドクターヘリ運航要領 (資料編)

鳥取県ドクターヘリ運航要領(資料編)第1.0版 [PDF 1,331KB]
 ・施行日 平成29年7月5日

鳥取県ドクターヘリ及び格納庫画像


鳥取県ドクターヘリ

鳥取県ドクターヘリ

鳥取県ドクターヘリ・格納庫

鳥取県ドクターヘリ・格納庫

鳥取県ドクターヘリ運航前訓練
  

鳥取県単独ドクターヘリの導入検討経過の概要

1 高度救急医療体制の現状(平成28年8月現在)

 平成28年8月現在、鳥取県では以下の2機のドクターヘリが運航され、また、県西部地域においては鳥取大学医学部附属病院ドクターカーも運行され、一定の高度救急医療体制が構築されていましたが、鳥取県内に配備される鳥取県単独のドクターヘリは導入していませんでした。
(1)公立豊岡病院ドクターヘリ

    • 基地病院 公立豊岡病院(兵庫県豊岡市)
    • 鳥取県の運航範囲 全域
    • 運航開始日 平成22年4月17日から兵庫県・京都府・鳥取県の3府県で共同運航していたものを、平成23年4月1日から関西広域連合に事業移管して実施。

(2)島根県ドクターヘリ

    • 基地病院 島根県立中央病院(島根県出雲市)
    • 鳥取県の運航範囲 県中部・西部
    • 鳥取県への乗り入れ開始日 平成25年5月27日

 

2 鳥取県単独ドクターヘリ導入の検討

 本県ドクターヘリの単独導入の必要性と課題及び対応策等を検討するため、平成27年度に「鳥取県救急医療高度化検討委員会」を設置し、検討の結果、平成27年11月に「ドクターヘリ単独導入に向けた検討報告書」をとりまとめました。 

 検討委員会の議論の方向性は以下のとおりです。
  1. 地域による利用格差の解消、県内にドクターヘリが導入されていれば救えた命が一定程度あること、災害時の相互応援等の観点から、鳥取県にもドクターヘリの導入が必要である。
  2. 医療体制・ヘリポート整備状況等から、基地病院は、鳥取大学医学部附属病院が適切である。
  3. 基地病院の鳥取大学医学部附属病院長から、「フライトドクター・フライトナースの必要人員を確保するとともに、研修等で養成を進める。」との意見表明がなされた。 

 

鳥取県救急医療高度化検討委員会「ドクターヘリ単独導入に向けた検討報告書(平成27年11月)」

 本県ドクターヘリの単独導入の必要性と課題及び対応策等を検討するため、平成27年度に「鳥取県救急医療高度化検討委員会」を設置し、検討の結果、平成27年11月に「ドクターヘリ単独導入に向けた検討報告書」をとりまとめました。

ドクターヘリ単独導入に向けた検討報告書の概要 (PDF:87KB)
ドクターヘリ単独導入に向けた検討報告書 (PDF:1,474KB)
鳥取県救急医療高度化検討委員会設置要綱 (PDF:61KB)
鳥取県救急医療高度化検討委員会委員名簿 (PDF:55KB)
 

 

鳥取県救急医療体制高度化検討委員会 検討経過

  • 第1回 平成27年7月15日

 (1)ドクターヘリ導入の必要性について
 (2)ドクターヘリ導入にあたっての課題について
 第1回資料 

  • 第2回 平成27年8月13日

(1)第1回検討委員会の概要について
(2)導入にかかる経費負担について
(3)鳥取大学医学部附属病院にドクターヘリを導入するにあたっての課題について
 第2回資料 

  • 第3回 平成27年10月1日

(1)第2回検討委員会のまとめについて
(2)検討委員会報告書(案)について
 第3回資料

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 福祉保健部 健康医療局 医療政策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71730857-26-7173
         ファクシミリ  0857-21-3048
    E-mail  iryouseisaku@pref.tottori.lg.jp