活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
館見学」で絞込み

2018年3月15日

【開催結果】「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました

 平成30年3月3日(土)鳥取市歴史博物館で「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました。当日は計9回行った学ぶ会の活動報告のあと、西村が「GHQ鳥取軍政部の組織と人事」というテーマで軍政レポート執筆者一覧と県内占領軍の電話回線図を元に解説を行いました。

 鳥取市歴史博物館横山展宏学芸員は、同館所蔵資料中の進駐軍の記事を写真で紹介し、特に当時の「鳥取市報」に掲載される進駐軍からの呼びかけはGHQの市民生活への関与を実感させるものでした。また、翻訳者の澤田晶子さんの「解読と読解のコツ」は、掠れた英文タイプの資料に向き合い格闘した翻訳者の立場から、辞書・WEBなどを駆使した解読手法と、関係新聞記事を用いた読解手法を説いたもので、1946年9月16日付英文レポートの事例を画面に引用しながらの説明は、英語そのものに関心のある参加者の興味を惹くものでした。

 質疑応答のあと西村から、「webで閲覧できる英連邦軍関係写真」を紹介、また解読参加者の上田勝利さんと澤田海宏さんが鳥取大火の米軍救援物資レーションの現物を紹介されました。

 占領期の鳥取を学ぶ会は、30年度も月1回のペースで行う予定です。日程など詳細がきまりましたら本ページでもご案内します。

(西村芳将)

澤田さん説明の様子の写真
英文の「解読」と「読解」のコツを説明する澤田さん

公文書館 2018/03/15 in 会議など,刊行物,館見学,県史編さん室,公文書担当,考古,講座などのイベント,調査,展示

2017年6月22日

わくわく北中-公文書館の職場体験-

 平成29年6月19日(月)から22日(木)まで鳥取市立北中学校の2年生が職場体験学習に取り組みました。

 以下、北中の土江・鶴巻が報告します。 

 1日目は、簿冊の綴り替えをしました。ホッチキスの針を取る作業がとても時間がかかりました。 次に、行政刊行物の並び替えは力仕事だったのでとても疲れました。でも、見やすくすることができたのでよかったです。

簿冊の綴り替えの様子の写真"
簿冊の綴り替えの様子

 2日目は、マイクロリーダープリンターを使って紙焼き印刷をしました。みたこともない機械を使うので最初はどうしたらいいのか分からなかったけど、慣れたら簡単で楽しかったです。次に、展示キャプション(説明文)の作成をしました。カッターを使うのは慣れてなかったけど、何回かしたらきれいに作成することができました。

展示キャプションを作成している様子の写真
展示キャプションを作成している様子

 3日目は、地下に下りて簿冊に整理のためのシールを貼る作業をしました。地下には、たくさんの簿冊があったので驚きました。次に、古文書の解読をしました。最初は、意味が分からなかったけど、最後の方では、少し読めるようになりました。

簿冊に整理のためのシールを貼る作業の様子の写真
簿冊に整理のためのシールを貼る作業の様子

 4日目は、ホームページの制作をしました。

 この4日間で、仕事の難しさや楽しさなどを学ぶことができました。この経験を今後、生かしていきたいです。 

公文書館 2017/06/22 in 館見学,県史編さん室,公文書担当

2016年6月24日

わくわく北中-公文書館の職場体験-

 平成28年6月21日(火)から24日(金)まで鳥取市立北中学校の2年生が職場体験学習を行いました。 

 以下北中の林・舩橋が報告します。 

 1日目は、簿冊の修復を行いました。 

 はじめ地下の書庫に行き、簿冊の掃除をしました。資料がたくさんあって掃除をするのは大変だったけれど、きれいになったのでうれしかったです。次に、綴り替えをしました。カッターナイフを使う慣れない作業だったけれど一生懸命やりました。

綴り替え中の写真
綴り替え中の様子

 2日目は、デジカメによる資料撮影を行いました。立ち作業だったので、とても疲れたけれど、きれいに撮影できたのでうれしかったです。 

資料撮影中の写真
資料撮影中の様子

 次に、マイクロフィルムリーダープリンターを使い、紙焼印刷をしました。見たこともない機械だったのでどんなことをするのかわからなかったけれど、実際に操作してみると想像していたよりも面白かったです。 

紙焼き印刷中の写真
紙焼き印刷中の様子

 次に展示キャプション(説明文)を作成しました。難しいと聞いていたけれど、1日目よりもカッターナイフを上手に使えるようになっていたので、きれいに仕上げることができました。

キャプション作成の写真
キャプション(説明文)作成の様子

 3日目は、印刷物の並べ替えをしました。倉庫から地下書庫に印刷物を運ぶ作業は大変だったけれど、最後きれいに並んだ姿を見ると感動しました。続いて、古文書解読では江戸時代の書物に書いてある文字を解読しました。難しかったけれど、最後の方には、多少読めるようになりました。 

 4日目には、まとめとしてホームページを制作しました。4日間で、仕事は楽しいだけでなく大変だということも学びました。 

公文書館 2016/06/24 in 館見学,県史編さん室,公文書担当

2016年5月20日

第1回県立公文書館在り方検討会議を開催

平成28年5月16日(月)、第1回県立公文書館在り方検討会議を公文書館会議室で開催しました。
この会議では、公文書等の管理に関する支援を含めた県と市町村の役割や公文書館が保存・管理すべき重要な資料の範囲に関することなどを検討していく予定です。

県立公文書館在り方検討会議委員

委員

早川和宏(座長・東洋大学法学部教授)
森本祥子(東京大学文書館准教授)
中島伸一郎(鳥取市総務部次長兼総務課長)
西田寛司(三朝町総務課長)
網浜聖子(県立図書館郷土資料課長)

まず、委員の皆さんに当館の書庫を見ていただきました。

書庫案内の様子
書庫案内の様子

続いて、会議室へ移りました。
伊澤部長挨拶
伊澤勇人総務部長挨拶


委員はこちらの皆さんです。

早川委員・座長
早川委員・座長

森本委員
森本委員

中島委員
中島委員

西田委員
西田委員

網浜委員
網浜委員

その後、早川座長の進行により、各都道府県公文書館等の市町村支援の状況調査や県内市町村の文書管理状況を報告し、課題を検討しました。

会議の様子
第2回目は7月に開催予定です。

公文書館 2016/05/20 in 会議など,館見学,公文書担当

2014年10月10日

公文書館地下書庫見学会を実施

 鳥取県職員を対象とした「公文書管理条例に基づく公文書の作成・保存・引継ぎに関する研修会」の一環で、地下書庫を案内しました。

 1 日時 10月10日(金)午前11時15分~正午

 2 対象 主として入庁3年目までの職員(22名)

見学中2の写真
公文書綴りの排架の状況を説明しています。
見学中の写真
保存の意義や方法について説明しています。

公文書館 2014/10/10 in 館見学,公文書担当