当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

(1)人口減少・少子高齢化時代

  1. 人口減少社会に突入
  2. 経済成長力が低下し、社会保障負担等が増大
  3. 人口偏在が拡大し、地域社会が脆弱化

(2) 地球の許容能力の限界

  1. 高まる地球環境問題の重要度
  2. 逼迫するエネルギー需給
  3. 世界的な人口の増加

(3) グローバル競争の激化

  1. 市場経済主義が世界を席巻
  2. 今後更に成長が見込まれる東アジアの経済
  3. 世界に広がる経済格差

(4) 情報・スピードが価値を生む時代

  1. インターネット、携帯電話、地上デジタル放送
  2. 情報格差の解消

(5) 地方分権の時代・道州制

  1. 厳しい地方財政運営、地域間格差の拡大
  2. 道州制の議論

(6) 「協働」型社会への転換

  1. 社会を担う新しい協力関係のシステムづくり
  2. 家庭、職場、地域社会での男女共同参画
  3. ユニバーサルデザインの考え方

(7) 高度成長社会からの価値観の転換

  1. 物質的な豊かさと精神的な豊かさ
  2. ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)