当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
不具合があった場合、お手数ですがsyokunomiyako@pref.tottori.lg.jpまでお知らせください。


ホタルイカ

 小振りで食べやすい鳥取産のホタルイカは春の美味しい味

ホタルイカ 春の到来を告げるホタルイカ。
 産卵直前の身の張っている4月前後が旬で、透明に光っているものが新鮮。
 ボイルして酢みそをつけて食べるのが一般的ですが、様々な加工品も作られていて酒のつまみに最高です。
 柔らかくむっちりとした食感と独特の甘みが特徴です。


 一匹一匹が一口サイズ

 ホタルイカは一匹一匹が小ぶりの一口サイズ。噛みしめるほどほのかな甘みが口中に広がります。そんなホタルイカは刺身、煮物、揚げ物などいろんな食べ方で楽しめ、切る手間も少なく、料理のバリエーションが広がります。
  

食べ方・料理

ホタルイカの酢味噌◆酢味噌
 ホタルイカ料理の定番メニュー。
 茹でたホタルイカに酢味噌を付け、身から内臓までひと口で召し上がれます。

◆刺身

 新鮮なホタルイカの内臓と目玉を取り除いて、ショウガ醤油で一層美味しくなります。

その他

◆昼間に操業するホタルイカ漁
 ホタルイカといえば、富山県など北陸産のものが有名ですが、実は鳥取県内でも毎年100トン程度水揚げされてます。ホタルイカは底びき網での漁法で漁獲されますが、よくテレビ等で紹介される映像として、夜の海にほんわか光るホタルイカの姿が紹介されますが、実はホタルイカの漁は夜ではなく昼に行われています。ホタルイカの習性として、暗いところを好んで生息していますので底びき網が適しています。

旬の時期

○漁期  1~5月

産地

主な水揚港:境漁港、鳥取港、網代漁港
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000