当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
不具合があった場合、お手数ですがsyokunomiyako@pref.tottori.lg.jpまでお知らせください。


アカガレイ

 子持ちの大ガレイは淡泊ながら脂がのった逸品

アカガレイ数匹の写真アカガレイ単体の写真
 沖合底びき網で漁獲されるアカガレイは、鳥取ではの煮付けや唐揚げなど、ごく当たり前に食卓にのぼる冬場の家庭の味。
 また、正月や祭事には定番のおもてなし食材です。
 鮮度がよければ刺身にしても非常に美味しい魚ですが、逆に鮮度の落ちやすい魚。
 子持ちの雌は高価で、湯がいた卵をほぐし、細切りにした刺身にまぶした県東部の伝統料理「子まぶり」はまさに旬の味といえます。
 また地元では「マガレイ」とも呼ばれ、身近な魚である。皮にあるカレイ特有の臭みが薄く、カレイのなかでも惣菜魚として人気が高い商品です。

ポイント1
 一押しの「お土産」商品

 あかがれいの干物(一夜干し)は卵巣が紅色に透けて見え、あっさりとした肉厚の白身です。
 冷凍保存できるため、是非お土産に。
  

名前の由来・歴史

◆「腹赤い」は美味しさのバロメーター
 名前の由来にもなっている腹側の赤い模様は、おいしさのバロメーターです。
 新鮮なものほど、この模様がくっきりしています。

食べ方・料理

アカガレイの刺身の写真◆刺身
 コリコリとした淡泊なあかがれいの刺身に、甘味のある卵がまぶりついて、美味しさ満点のまさしく鳥取の味です。




アカガレイの煮付けの写真◆煮付け
 醤油やみりんで薄味に煮付けた地元ならではの郷土味です。味は淡泊でここでも卵は珍重されます。

その他

◆資源保護への取り組み
 日本海西部海域でのあかがれいの資源は近年減少してているため、漁業者は大きさ20cm未満の小型魚を保護する取り組みを行っています。

旬の時期

○漁期  9~5月

産地

主な水揚港:境漁港、鳥取港、網代漁港
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000