介護や育児で慌てない!ファミボス実践事業【終了事業】

介護や育児等で従業員の働き方に制約が生じた際に、本人だけでなく同僚や上司、企業が慌てず柔軟に対応できる体制や組織力を培うことを目的として、平成30年度に「介護や育児で慌てない!ファミボス実践事業」を実施しました。

本事業では、応募企業へコンサルタントを派遣し、従業員に制約のある働き方の体験(「なりきり者」トライアル)をしていただいた上で、その課題解消に向けたアドバス等を行いました。

  

実践企業の取組例

A社(老人福祉・介護事業)

課題
介護施設には国で定められた人員配置基準があり、介護報酬の制約もあって余裕のある人員配置は難しい。
取組内容
業務の「ムダ・ムリ・ムラ」発見ワークショップの実施により、発生している「ムダ・ムリ・ムラ」を発見し、その原因と改善策を検討し、業務改善を行った。

B社(警備業)

課題
警備業は、単独で行う業務や複数でも少人数での業務もあり、現場にいる従業員の急な離脱が困難なケースが多い。
取組内容
予め欠員が発生することを想定し、ある程度の人的余剰を「遊軍社員」として備えることにより、現場離脱を可能とした。また、「仕事と介護の両立セミナー」の実施により介護保険制度などの制度周知を行い、外部サービスの利用など選択肢を増やす取組を実施した。

C社(各種学校)

課題
業務によって必要な資格があるが、個人によって取得している資格が異なることから個人で行うことのできる業務範囲が限られ、業務を行うための職員配置の調整が難しい。
取組内容
組織マネジメントワークショップの実施により、有給休暇を取得しやすくする方法や仕事の属人化を防ぐための方法、具体的な解決案を検討した。

事業報告書(概要版)

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 女性活躍推進課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70750857-26-7075    
    ファクシミリ  0857-26-8196
    E-mail  jyosei-katsuyaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000