当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県星空保全条例について(平成29年12月21日成立)

平成29年度鳥取県議会11月定例会において、「鳥取県星空保全条例」が成立しました。

【条例制定の背景】
 

鳥取県は、鳥取市さじアストロパークなどの観測拠点が星空の美しさで我が国随一とされており、全ての市町村で天の川を観測できるなど、後世まで永く伝えるべき「星空」という大切な誇るべき「宝」を有しています。

 しかしながら、美しい星空が見える環境は、清浄な大気と人工光の放出の少なさによってもたらされていますが、全国各地で過剰な人工光により星空が失われつつあるとされています。

 私たち鳥取県民は、豊かで美しい自然の象徴である星空を守る行動に立ち上がり、私たちの星空を、ふるさとの重要な景観と位置付けるとともに、観光や地域経済の振興、そして環境教育等に生かしていくこととし、鳥取県の美しい星空が見える環境を県民の貴重な財産として保全し、次世代に引き継いでいくため、この条例を制定します。
(施行日:平成30年4月1日)

 

こちらをご覧ください。

鳥取県星空保全条例施行規則(平成30年2月27日鳥取県公報号外第14号)

このことについては、次のページに掲載しております。

https://www.pref.tottori.lg.jp/274611.htm


【規則に定める様式】
様式第1号 投光器等の使用に関する届出(第2条関係)
届け出についてはこちらもご覧ください。

星空保全条例理解のために

鳥取県星空保全条例及び施行規則には、見慣れない用語等も出てきます。より皆さまに理解いただくため、資料を作成しておりますので、ご参考ください。

上方光束比について

環境省の定めるガイドラインについて
今日の星空

  
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000