当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

犬の伝染病

 犬も人と同様に、様々な病気に感染します。
 その中でも特に、以下のような伝染病は、症状が重く、さらに他の犬にもうつりやすいため、犬にとって非常におそろしい病気です。
 ワクチン接種や予防薬の投与により、飼い犬を伝染病から守りましょう。

犬の伝染病

病名

原因

感染

症状

予防

犬ジステンパー
犬ジステンパーウイルス 犬からの直接感染だけでなく、食器や飼育者を介しての間接的な感染もみられる。
高熱、元気・食欲低下、嘔吐、下痢、目やに、鼻みず、震え、激しい痙攣。
神経症状により、非常に高率で死亡する。
ワクチン接種
犬伝染性肝炎 犬アデノウイルス1型 犬からの直接感染だけでなく、食器や飼育者を介しての間接的な感染もみられる。
感染犬の尿によっても感染する。
元気消失、嘔吐、下痢。回復期に目が濁る場合がある。
軽度のものから急性に死に至るものまであるが、子犬では死亡率が高い
ワクチン接種
ケンネルコフ 犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型 など
接触感染、咳・くしゃみによる飛沫核感染。
伝播力が非常に強く、集団での発生が多い。
激しい咳・鼻水、肺炎・気管支炎。
他の病原体と混合感染すると重篤化する。
ワクチン接種
犬パルボウイルス感染症 犬パルボウイルス
感染犬の糞便、糞便に汚染された食器、人を介した感染。 嘔吐・下痢(粘血便、血便)、子犬で心不全による突然死。
子犬で症状が重篤化する場合が多く、死亡率も高い。
ワクチン接種
レプトスピラ レプトスピラ菌  汚染された水(川や水たまり、田)、感染犬の尿。 元気・食欲低下、嘔吐・血便、黄疸、口臭。
死亡する場合もある。
ワクチン接種
フィラリア 犬糸状虫 蚊に咬まれることで、子虫(ミクロフィラリア)が体内に入る。
体内に入った子虫が成長し、心臓に寄生することで症状が出る。
咳、元気・食欲低下、腹部や胸部に水がたまる。
激しい運動に耐えられない。
予防薬の投与

◆詳しくは、最寄りの動物病院に御相談ください。

ワクチン接種のポイント

  • 生まれたばかりの子犬には母犬譲りの免疫があり、それがある間はワクチンを接種しても免疫力あがりません。確実な免疫力をつけるためには何回かの接種が必要です。 
  • ワクチンによってできた免疫は、生涯続くものではないので、成犬になっても年1回のワクチン種が必要です。

お問い合わせ先

くらしの安心推進課くらしの安全担当
 【電話】0857-26-7877