当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

犬の飼い方


 世の中の全ての人が、犬が好きというわけではありません。
 あなたにとっては、ちょっとしたいたずらと思えることでも、犬を嫌いな人にとっては、許すことのできない重大な事件と考えられることもあります。
 そのような方にも理解され、迷惑がかからないように飼うという心配りも必要です。

飼い方

  • 鑑札と狂犬病予防注射済票は、かならず犬につけましょう。
  • 放し飼いはやめましょう。(犬の咬傷事故のほとんどが、放し飼いによるものです。)
  • 無駄吠えをなくしましょう。(吠えたら叱るのではなく、吠えてしまう原因から取り除くことから始めましょう。)
  • 犬の周辺は常に清潔にしておきましょう。
  • 散歩中にしたフンは、必ず持ち帰りましょう。

餌の与え方

基本事項

  • 生後3~8ヶ月は1日3~4回、それ以降は1日1~2回くらいです。
  • 1日に与える量の目安は、犬の頭の大きさです。(1日3回与える場合、1回分は、その犬の頭の大きさの3分の1となります。)
  • いつも清潔にしましょう。
  • 水はこまめに交換し、食べ残しは捨てるようにしましょう。

与えてはいけないもの(代表的なもの)

ネギ、タマネギ ネギ中毒になり、貧血を起こします。
鳥の骨、タイの骨 とがった部分で胃腸を傷つけるおそれがあります。
エビ、イカ(するめ)、タコ、貝類、油分の多い魚 消化不良を起こすおそれがあります。
ヒトが食べているものと同じもの 動物にとっては味が濃すぎて、よくないです。
熱いもの、冷たいもの 丸飲みするので、胃によくないです。
甘いもの、辛いもの 虫歯になるおそれがあります。

お問い合わせ先

くらしの安心推進課くらしの安全担当
 【電話】0857-26-7877