活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2013年5月28日

三徳山三佛寺(三朝町三徳)で史料調査を実施

 平成25年5月24日(金)、古代中世部会では、三徳山三佛寺(三朝町三徳)において史料調査を実施しました。


 三佛寺は標高899.9mの三徳山にある天台宗寺院です。慶雲3年(706)に役行者が修験道の行場として開いたとされ、その後慈覚大師円仁により嘉祥2年(849)に薬師如来・阿弥陀如来・大日如来を安置したことから三佛寺と称したとされます。


三佛寺本堂の写真
(写真1)三佛寺本堂

 輪光院にて米田良中住職の説明を聞いた後、同寺の庫裡(くり)に移動して調査を実施。今週は奈良文化財研究所が近世文書の調査を実施していたため、別室にて史料の熟覧、採寸、カード作成、写真撮影を行いました。


三徳山輪光院の写真
(写真2)三徳山輪光院

 中世文書については、撮影と合わせて、その場で原本による校訂を行いました。また、近世文書については、参考資料としてその場で翻刻を行いました。


 ご協力いただいた方々に深くお礼申し上げます。

公文書館 2013/05/28 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000