当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2012年11月12日

境港市史編さん室資料調査(その5)

 11月8日、再び境港市史編さん室資料調査です。

 今回は、約2ヶ月ぶりの参加となる岸本委員と、今のところ皆勤の岩佐委員が参加してくださいました。

 岩佐委員が今回注目されたのは、終戦の翌年である昭和21年の郵便ハガキです。昭和21年の始め頃は、物の無い時代をあらわしてか、今では考えられないようなとても小さなハガキが使われていたようです。ところが昭和21年の終わり頃になると、今とそう変わらないサイズになっていきます。「日本の急速な回復力が目に見えるようです。」とのコメントをいただきました。

資料選定中の岩佐委員の写真
境港調査に今のところ全て参加してくださっている岩佐委員です。

 岸本委員も第二次大戦後の資料に注目されたようです。「外江村の史料は、第二次大戦直後の村の変化が克明に記されている点だけでなく、逆に粛々と行政が継続していることも記されて興味深いものです」とのことでした。

岸本委員の写真
お忙しい中、約2ヶ月ぶりに参加してくださった岸本委員です。
県史編さん室

公文書館 2012/11/12 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000