活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2012年8月17日

鳥取市青谷町亀尻の盆行事を調査

 平成24年8月13日(月)、新鳥取県史編さん専門部会(民俗)では、鳥取市青谷町亀尻(かめじり)の盆行事を調査しました。

 亀尻地区では、13日の盆の入りに地区内の四つ堂(阿弥陀堂)に八注連(やしめ)竹という構造物を立てます。これは12メートルほどの竹の先に注連(しめ)を付けてこれを、8本ずつ注連を付けた8本の荒縄で固定したものです。由来は不明ですが、お盆には必ず立てることになっているそうです。

 亀尻では、14日に八注連竹が立てられている四つ堂に、雲昌寺(鳥取市青谷町山田)の住職を招いて阿弥陀供養が行われ、地区の人々が四つ堂にお参りすることになっているそうです。八注連竹は16日に盆送りが行われると撤収します。

 八注連竹は、若桜神社(若桜町)や大石見神社(日南町上石見)の神事にも見られますが、お盆行事での事例は珍しいため設置の様子を観察し、記録写真の撮影を実施しました。

 地元でも八注連竹についての伝承がないことを惜しまれています。似ている事例などがありましたら、ぜひ県史編さん室まで御連絡ください。

 今回の調査に御協力いただいた亀尻地区の方々に感謝申し上げます。

亀尻地区の盆行事が行われる四つ堂の写真

亀尻地区の盆行事が行われる四つ堂。

八注連竹を固定する縄に注連を取り付ける様子の写真

八注連竹を固定する縄に注連を取り付ける様子。8本の綱に8ずつ注連を付けます。

八注連竹を立てるの様子の写真

八注連竹を立てる様子。縄を八方に広げて固定します。この日は強い夕立で、残念ながら注連はすぐとれてしまいました。

四つ堂の南側に立てられた八注連竹の写真

四つ堂の南側に立てられた八注連竹。

四つ堂の阿弥陀様に供えられた供物と花の写真

四つ堂の阿弥陀様に供えられた供物と花。 翌14日にここで阿弥陀供養が行われます。

県史編さん室

公文書館 2012/08/17 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000