メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2012年2月21日

ブックレット関連の資料調査を実施

 新鳥取県史編さん専門部会(近代)では、1月16日から数回にわたり、当館所蔵の善行・褒賞関係資料の調査を行いました。


 調査にあたったのは岸本覚部会長(鳥取大学地域学部准教授)。ご自身が執筆中の鳥取県史ブックレットのための資料調査でした。

 同ブックレットでは、江戸時代後期から明治時代以降の褒賞制度・政策が扱われる予定です。というと、何か堅苦しく聞こえるかもしれません。しかし、藩や明治政府・県などに“褒められた”人びとの記録をひもとくと、親孝行の子どもや、災害現場に居合わせて救援活動に協力した人など、親しみやすいエピソードも少なくありません。また、戦時における寄付者への表彰などは、時代を映すよい事例です。近代化を進める日本がどんな人物像を求めたのか―、興味深いテーマではないでしょうか。

 調査の成果がまとまってブックレットが刊行されるのはもう少し先になりますが、ご期待ください。

 調査の様子の写真(平成24年2月19日撮影)

平成24年2月19日の調査の様子。古い資料を読んで、デジタル・カメラで撮影して、パソコンに入力して……なかなか地道な作業です。

県史編さん室

公文書館 2012/02/21 in 県史編さん室,調査

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000