当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
公文書担当」で絞込み

2020年6月15日

鳥取地域史研究会月例会で田中館長が講演

 6月13日(土)、鳥取県立博物館講堂で今年度最初となる鳥取地域史研究会の月例会があり、 当館の田中館長が「市町村における公文書管理の現状と課題」と題して講演を行いました(新型コロナウイルス感染予防のためフェイスシールドを付けて講演)。

 公文書館の業務や歴史的公文書の評価選別・保存等の流れについて説明した後、市町村や地域における公文書や古文書の保存・管理の現状と課題について報告し、県・市町村・県民等が協力し、県民共有の知的財産である歴史的に重要な公文書等を将来の世代へ引き継ぎましょうという話をしました。

 参加者からは「県庁の組織改正で部局が統合・移動する際の公文書の移管はどうなっているのか」「地域の学校関係資料にも目を向けてしっかり保存して欲しい」等の質問・意見が出されました。

講演会
講演会の様子

公文書館 2020/06/15 in 公文書担当,講座などのイベント

2019年3月11日

公文書館通信(年4回)を発行しました

 当館では、公文書館における事業内容(公文書の引継ぎ、利用提供など)について県庁内に発信し、職員に公文書管理に関する理解を深めてもらうきっかけとするため、年4回「公文書館通信」(メールマガジン)を発行することとしました。

 30年度は、「公文書館のお仕事」というテーマで、文書の評価選別や保存修復の様子を紹介しました。


公文書館通信タイトル

公文書館メルマガvol.1(pdf形式 626KB)

公文書館メルマガvol.2(pdf形式 713KB) 

公文書館メルマガvol.3(pdf形式 610KB) 

公文書館メルマガvol.4(pdf形式 662KB) 

公文書館 2019/03/11 in 刊行物,公文書担当

2019年3月4日

全林野労働組合制作映画「山の合理化 軌道」上映会を開催

 平成31年2月21日(木)、公文書館会議室において、全林野労働組合制作映画「山の合理化 軌道」の上映会を開催しました。

 この映像は、沖ノ山森林鉄道(智頭町)での森林伐採、運搬などを撮影したもので、森林鉄道が廃線になる前年の昭和38(1963)年に撮影されました。映像には、智頭駅での貨車への木材積込み、木の伐採、トロッコ(山トロリー)への伐採木の積み込み、集積場への搬送・積み下ろし、事務所の様子などが、33分にわたって撮影されています。

 音声もありましたが現存していないことから、このたび映像の寄贈を受けた公文書館に、関係者11名が集まり、座談会形式の上映会を行いました。その様子は了解を得た上で録音させていただきました。2時間にわたる上映会では、映像の迫力に驚きの声が上がり、撮影場所や作業の様子について熱心な議論が交わされました。

 関係者の皆様、ありがとうございました。

上映前の説明
上映前の説明
「山林の合理化 軌道」上映会の様子
「山林の合理化 軌道」
上映後の議論の様子
上映後の議論の様子
公文書担当

公文書館 2019/03/04 in 公文書担当,講座などのイベント

2018年9月19日

《報告》明治150年特別企画展記念講演会を開催

 平成30年9月15日(土)、明治150年特別企画展「明治時代の鳥取県―維新から大正改元までの記録―」記念講演会を開催し、130名の方々にご参加いただきました。

 平井伸治知事の挨拶からはじまり、松岡資明氏(元日本経済新聞社編集委員)、加藤丈夫氏(独立行政法人国立公文書館長)の講演を行い、最後に両氏の対談を行いました。

挨拶する平井知事の写真
挨拶する平井伸治知事
講演する松岡氏の写真
講演する松岡氏
講演する加藤氏の写真
講演する加藤氏
対談する加藤氏と松岡氏の写真
対談する加藤氏(左)と松岡氏(右)
公文書館

公文書館 2018/09/19 in 公文書担当,講座などのイベント,展示

2018年9月18日

《報告》特別企画展のギャラリートークを開催

 9月12日は、「とっとり県民の日」です。明治14(1881)年9月12日に鳥取県が島根県から分かれ、再置された日を記念して、平成10年6月に制定されました(制定までの経緯は、第148回県史だよりに詳しく解説されています)。

 鳥取県立公文書館では、鳥取県誕生・併合・再置の歴史について、小・中学生から大人まで楽しめる資料を毎年紹介しています。今年は、場所を県庁ロビーに移して展示しています。

 平成30(2018)年9月12日、久松小学校6年生の児童45名の皆さんが「鳥取県の誕生とその魅力」について勉強するため、県庁を訪問しました。当日は、当館の伊藤康専門員による解説を聞き、鳥取県と島根県の併合や再置の歴史を学びました。

 児童からは、「少し難しかったけれど、鳥取県と島根県が一緒になっていた時期があることが分かった。」「いつ鳥取県が島根県と一緒になり、いつ離れたか年号が言えるようになった。」などの声が上がり、鳥取県の歴史について理解が深まったようでした。

 久松小学校6年生の皆さん、担任の先生、おつかれさまでした。

田中公文書館長のあいさつ
田中公文書館長のあいさつ
伊藤専門員の解説を聴く久松小学校6年生
伊藤専門員の解説を聴く久松小学校6年生
公文書館

公文書館 2018/09/18 in 公文書担当,講座などのイベント

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000