当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
中部総合事務所生活環境局のホームページ

とりネット「くらしと環境」の新着情報

鳥取県では、地域住民のかたが涼しく快適に過ごせる公民館等に集まり、「住居」における熱中症の発症ゼロにつなげる、「地域版クールシェアスポット」を推進します。
総務省統計局より家計調査(二人以上の世帯)月報(平成31年2月分)が公表され、鳥取市分をまとめましたのでMS-Excelファイルで公表します。
県内で4月19日に麻しん患者の発生がありました。県内発生は、平成23年以来8年ぶりです。 現在、全国的に麻しんが流行しています。国外・県外への旅行のあとに、発熱、咳、鼻水、眼球結膜の充血などの症状が出た場合は、必ず事前に医療機関に電話連絡してから、医療機関の指示に従って受診してください。