地域猫活動モデル事業

 所有者のいない猫、いわゆる「のら猫」の糞尿やごみを荒らされるといった被害による苦情が、保健所へ多く寄せられております。このようなトラブルの根本的な解決を図るため、地域住民とボランティアと行政が協働して、地域でのら猫を管理する「地域猫活動」の取り組みを進めます。

地域猫活動モデル事業

  平成30年度から新たに地域猫活動モデル事業を創設しました。これは県と市町村が連携して、地域猫活動を支援するモデル事業です。活動グループは事前に活動地域の市町村へご相談ください。

 
事業概要:
(1)地域猫活動(所有者のいない猫に不妊去勢手術を施し、その後も地域で管理する取組)
   への助成を行う市町村に対する支援を行う。
   手術費・広報費 補助率:10/10
   ※県補助金上限 メス1頭22,500円、オス15,000円
(2)地域猫のエサ代等の管理費の助成を行う。(県補助金上限10,000円/頭)
(3)地域猫活動に知見のある専門家による助言を行う。

  

クラウドファンディングでこの事業を支援できます

 本事業の一部はクラウドファンディング型ふるさと納税を活用して実施します。
 地域猫活動モデル事業に取り組んでいる活動グループに、エサや管理にかかる経費の支援として地域猫1頭につき上限1万円を補助します。ただし、寄附の状況、対象となる地域猫の頭数によっては、補助額が変わります。

 ※目標金額を上回るご寄附があった場合、寄附者様のご意向に沿うよう、このたびの取り組みに関係する事業へ充当させていただきます。
   関係サイト>>鳥取県ふるさと納税サイト