県政トピックス/県立中央病院、がん医療を強化

先進技術で体制整備 ~県立中央病院、がん医療を強化~

  中央病院は地域がん診療連携拠点病院として、相談から診断・治療、緩和まで一貫した医療体制を整えています。
  国立がん研究センターのがん統計によると、近年の鳥取県の75歳未満年齢調整死亡率(死亡率を人口に対する死亡数で比較すると、高齢者が多ければ高く、若年者が多ければ低くなる傾向があります。年齢構成の異なる地域間で死亡状況の比較ができるように年齢構成を調整しそろえた死亡率が年齢調整死亡率です。)は国内で高い状況。2018年(平成30年)は18位と好転したものの、がん死亡率減少が喫緊の課題であることに変わりはありません。
  がん治療には手術、放射線、薬物の三大療法があります。中央病院は治療に先進技術を導入。手術にはロボットを活用し、より精緻な内視鏡手術が可能に。放射線療法には先端照合技術を導入、より精密で患者の負担が少ない照射を実現。さらに、がん遺伝子に効果的な診断・治療を行うがんゲノム医療外来への紹介を4月から受け付け。
  こうした先進的な医療の他、がんに関する相談はがん相談支援センターが受けています。ぜひご利用ください。

全がんの75歳未満年齢調整死亡率(男女計 人口10万対)

  出典 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)
  表は出典元データを用いて作成。
2015年
  1位 青森県(96.9) 2位 秋田県(91.2) 3位 鳥取県(88.1) 4位 北海道(87.7)
2016年
  1位 青森県(93.3) 2位 秋田県(87.4) 3位 北海道(85.6) 4位 鳥取県(84.1)
2017年
  1位 青森県(88.9) 2位 鳥取県(86.0) 3位 北海道(84.1) 4位 秋田県(83.8)
2018年
  1位 青森県(91.1) 2位 北海道(81.6) 3位 秋田県(80.0) 4位 長崎県(78.7)
  ※2018年の鳥取県の同データは72.2(18位)

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」
  2019年9月に導入された「ダ・ヴィンチ」によって、より精緻に行えるようになりました。
特徴
  ○人の手より大きな可動域。
  ○手ぶれ補正機能がある。
  ○術中の画像が高画質で立体的。
中央病院で実施可能な手術
  前立腺がん、食道がん、胃がん
「ダ・ヴィンチ」の写真

高精度放射線治療装置
  県内初の先進装置が中央病院に導入され、がん病巣への精密な放射線照射が可能になりました。この治療は、高齢や他の病気のために手術や薬物療法が受けられない場合でも選択肢が広がります。
高精度放射線治療装置の写真

がんゲノム医療
  がんゲノム医療は、多数の遺伝子を同時に検査(がん遺伝子パネル検査)し、一人一人の体質や病状に合わせた診断や治療などを行う医療です。県内では、鳥取大学医学部附属病院と中央病院がこの検査を行っています。

がん相談支援センター(中央病院2階)

  専門スタッフ(がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー)が相談を受けます。来室時は、あらかじめ日時や相談内容を電話で伝えてもらうと、相談がよりスムーズです。
■受付時間 平日 午前8時30分から午後5時
電話 0857‐32‐8181(直通)

【問い合わせ先】 県立中央病院
電話 0857‐26‐2271 ファクシミリ 0857‐29‐3227
メールアドレス chuoubyouin@pref.tottori.lg.jp
https://www.pref.tottori.lg.jp/chuoubyouin/



← 前のページへ    次のページへ →


最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 広報課
    住所  〒680-8570
                 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70200857-26-7020
         ファクシミリ  0857-26-8122
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000