当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取療育園のホームページ
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

食事と更衣の発達について

9月27日児童発達支援「きらり」勉強会にて“食事と更衣の発達”についてお話しました。

【食事】

“食べる”ことは毎日行われる活動です。大事なことは食べる楽しさを知ること!!
見る、匂いを嗅ぐ、食材を触る、口に入れて味を知る等、食べる楽しさは無限大です。
しかし、運動麻痺や感覚の過敏さ等があり、手づかみ食べが難しい、スプーンの扱いが難しい場合があります。今回は手に注目して食べることを考えてみました。

○食材や食具を持ち続けられない場合

・手首を上に向けると握りやすい手の形ができる

食具


・本人にあった食具(形・太さ)を提供

・発達段階に合わせて介助方法を変える

介助方法

 

介助方法(2)


○食材をさわらない場合

・遊びの中で手の感覚を育てる、手のひらを使う経験をする(うつ伏せや四つ這い)


【更衣(着替え)】

成長に合わせて、本人ができることは変化していきます。本人のできる能力に合わせて、養育者の介助も変化していきます。勉強会では保護者さまにご協力頂き、子どもさんを想定して実演をして頂きました。

  保護者さまが意識しているポイント例☆

・「○○ちゃん、着替えるよ。手を抜くよ。」と優しく声かけされてから始める。

・体の緊張が強くて手がなかなか挙がりにくいですが、肘や肩を揺らし緊張を緩ませから袖を抜く。
体勢を横向にして、背中部分のシャツを整える。


子どもさんの体の状態や発達段階に合わせて、各々に違うやり方で行っています。本人にとって楽な方法を一緒に見つけていきましょう。


食事も着替えも毎日のことです。無理せず、お互いのペースで進めていきましょう。 楽しく出来たときは、一緒になって喜びたいですね!
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立鳥取療育園
    住所 〒680-0901
             鳥取県鳥取市江津260
    電話  0857-29-88890857-29-8889    
    ファクシミリ  0857-29-9300
    E-mail  ryoikuen@pref.tottori.lg.jp