外来種防除

鳥取県外来種検討委員会での検討を通じて、外来種の生息・生育、被害の現状及び防除方法等を明らかにし、県民との協働により外来種の防除を推進しながら生物の多様性を図っています。

特定外来生物オオキンケイギク防除のためのリーフレット

 鳥取県では、特定外来生物であるオオキンケイギクの防除を進めるために普及啓発用のリーフレットを作成しましたので、防除を進める際の参考として活用してください。

  特定外来生物オオキンケイギクを刈り取ろう!(PDFファイル;2.47MB)

鳥取県オオクチバス・ブルーギル防除マニュアル

 鳥取県では、オオクチバス・ブルーギルなどの特定外来生物の防除を進めるため、防除マニュアルを作成しました。これら外来魚の防除を進める際に、参考として利用ください。

  鳥取県オオクチバス・ブルーギル防除マニュアル(PDFファイル;1.63MB)

外来種実態調査

調査実施期間

平成18年3月3日から平成19年3月20日まで

調査対象地

鳥取県内の外来種の生息、生育地

調査対象種

外来種全種

調査方法 

文献調査(必要に応じ現地調査)

調査主体

鳥取県

調査受託者

鳥取県生物学会

調査結果の概要

(1) 本県への定着が確認された外来生物の種数

 278種(動物61種、植物217種)

(2) 影響が大きい外来生物の種数

 21種(動物12種、植物9種)

(3) 影響が大きい特定外来生物の種数

 5種(動物4種、植物1種) 



 【参考】鳥取県生物学会報告『鳥取県の外来性動植物のリスト(2007)』(PDFファイル;918KB)

県内で影響の大きい特定外来生物5種の概要

種名 写真 概要
ヌートリア  原産地:南米
 体長等:頭胴長50~70cm、尾長35~50cm、体重6~9kg程度
 分布:県内全域
 生息環境:ため池や農業用水路、流れの穏やかな河川
 影響の種類:生態系被害、農林水産業被害、人の生命・身体
アライグマ  原産地:北米
 体長等:頭胴長41~60cm、尾長20~41cm、体重4~10数kg程度
 分布:鳥取市、岩美町、八頭町
 生息環境:人家周辺の森林、湿地、農耕地
 影響の種類:生態系被害、農林水産業被害、人の生命・身体
ブルーギル  原産地:北米
 体長等:全長25cm
 分布:県内全域
 生息環境:河川、ダム湖、湖沼、ため池等
 影響の種類:生態系被害、農林水産業被害
オオクチバス  原産地:北米
 体長等:全長30~50cm
 分布:県内全域
 生息環境:河川、ダム湖、湖沼、ため池等
 影響の種類:生態系被害、農林水産業被害
オオキンケイギク     原産地:北米
 体長等:全長0.3~0.7m程度
 分布:県内全域
 生息環境:河川敷、路肩等
 影響の種類:生態系被害

リンク

お問い合わせ先

自然環境保全担当
 電話 0857-26-7872
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000